柴田理恵のすっぴんや昔の容姿がヤバイ!?犬との感動エピソードもヤバイ!?

飾らないキャラクターと楽しいトークが魅力の柴田理恵さん。

そんな柴田さんのすっぴんや昔の容姿が衝撃的で面白いと話題になっています。

また、柴田さんの愛犬とのマル秘エピソードに心が温まると涙する人が続出しているそうです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:柴田 理恵(しばた りえ)
生年月日:1959年1月14日(57歳)
出身地:富山県
身長:156cm
血液型:B型
所属:WAHAHA本舗

1984年:WAHAHA本舗設立メンバーのひとりとなる。
2008年:フォトエッセイ「晴太郎 3本足の天使」を出版。
2013年:北海道羅臼町昆布大使任命される。
2017年:4月~NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演予定。

柴田理恵のすっぴんや昔の容姿がヤバイ!?

2017年1月10日放送の「解決!ナイナイアンサーSP」で昆布料理を披露する企画VTRの中で柴田理恵さんのすっぴん姿が映し出され、スタジオを衝撃の渦に包んでいました。

そして、そのすっぴん姿の柴田さんを見たナインティナインの岡村隆史さんは、柴田さんの料理の紹介よりも「誰ですか!これ!」と叫ばずにはいられないほどの驚きの姿だったのです。

さらに、スピードワゴンの井戸田潤さんは「パンチあるな!」と逆に感心するほどの立派なすっぴん姿でした。

でも、おばさんキャラを売りにしている柴田さんとしては「おばさん感」全開の期待を裏切らない出演の仕方で、笑いもとれて良かったのかもしれません。

ちなみに、柴田さんは若い頃からかなり老けていて、20歳の時に撮影した写真が「43歳に見える」と言われたことがあるのも有名ですよね。

この写真は、柴田さんが明治大学の学生時代に友人たちとアメリカ旅行へ行くためのパスポート用として撮影されたものなのだそうです。

スポンサーリンク


さらに18歳の頃の写真は、なぜかサングラス姿で、これもどう見ても10代には見えません。

バラエティ番組で、若い頃の姿として画面に映し出されると、必ずスタジオは大爆笑に包まれるんですよね。

また、「徹子の部屋」に出演した際には、小学生時代の柴田さんの写真を披露してくれましたが、黒柳徹子さんは顔ではなく、しきりに「足がキレイね」と脚がまっすぐなことを褒めていました。

そして、さらにさかのぼって、柴田さんの赤ちゃん時代の写真は、とっても可愛い姿で癒されます。

柴田さんの「おばさん感」満載のすっぴん姿や昔の容姿が老けすぎていてバラエティ番組では、その容姿や写真だけで笑いをとることができ、コメディエンヌとしては美味しい限りですよね。

スポンサーリンク

柴田理恵と愛犬の感動エピソードがヤバイ!?

柴田理恵さんは愛犬との生活をつづった「晴太郎3本足の天使」というフォトエッセイを出版しています。

柴田さんと愛犬「晴太郎」との間には感動エピソードがあるというのです。

そこで調べてみると、柴田さんが名古屋でのロケの休憩中に犬の鳴き声が聞こえてきたので、その鳴き声の先を求めて歩いて行くと、高架下にビニールテープをぐるぐるに巻いたゴミ箱の中から2匹の子犬が出てきたのです。

 

しかも、夏の暑いさなかだったので、このままにしていたら命すら危ないと思った柴田さんはすぐに近くの動物病院へ連れて行き手当てをしてもらい、里親募集をお願いしたのだそうです。

その後、元気な1匹はすぐに飼い主が見つかったものの、もう1匹は後ろ足の1本が体にくっついていたため、3ヶ月経っても引き取り手が見つからず、運命を感じた柴田さんはその子犬を飼う決意を固めたのだとか。

そして、その子犬は雄だったので見つけた時にロケが一緒だった加藤晴彦さんの名前をとって「晴太郎」と名付けたそうです。

スポンサーリンク


さらに晴太郎は、すぐにくっついた後ろ足を離す手術を受けたのですが、その足の不自由さが原因で骨折を繰り返したため、翌年に足を切る手術をし、今では3本足で走り回ることが出来るほど元気に過ごしているようです。

柴田さんと一緒に住むようになった晴太郎は、毎朝散歩をさせてもらい、近所の高齢者やリハビリで運動している人たちに「オマエも頑張っているな。オレも頑張る」と声をかけられる存在になっているそうですよ。

なので、晴太郎がそんな風に人間にも力を与えているんだなと思うと、柴田さんは彼にもちゃんと生まれてきた意味があったんだなと思い、偶然とはいえ晴太郎と巡りあえたことにも感謝する日なのだそうですよ。

そして、今の晴太郎は10歳を超え、人間で言うと70歳くらいの年齢になり、柴田さんは毎日晴太郎の体をマッサージすることが日課になっているのだとか。

仕事が忙しく家をあけることが多いので、動物を飼うことにはかなり躊躇したと言いますが、今は柴田さんも「晴太郎から元気をたくさんもらっている」とも言っています。

すっぴん姿や昔の容姿が老けすぎていてバラエティ番組でその容姿や写真で多くの人に笑いを届けている柴田さんは、足に障害のある雄犬・晴太郎を引き取り、今ではその晴太郎から元気をもらうことが仕事を頑張れる秘訣となっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・柴田理恵のダイエット前後の変化がヤバイ!?性格の驚きの実態とは!?

・柴田理恵の旦那との馴れ初めや子供がヤバイ!?実家が営む驚きの家業とは!?

・柴田理恵の若い頃の活躍がヤバイ!?創価学会を脱退したと言われる驚きの理由とは!?

このページの先頭へ