間寛平の現在の活動状況がヤバイ!?マラソン記録の驚きの数字とは!?

2017-01-11_095027 大御所のお笑い芸人として知られているのが間寛平さんですよね。

間さんは芸人ながらもマラソンに挑戦するなど、様々な活動を行っています。

そんな間さんなのですが、現在の活動状況が話題になっているそうです。

さらに、間さんのマラソンの記録の数字にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:間 寛平(はざま かんぺい)
本名:間 重美(はざま しげみ)
生年月日:1949年7月20日(67歳)
出身地:高知県
身長:164cm
血液型:AB型
所属:よしもとクリエイティブエージェンシー

・1970年:花紀京の付き人になる。吉本興業に移籍する。
・1974年:吉本新喜劇の座長になる。
・1975年:「ひらけ!チューリップ」で歌手デビューする。
・1989年:吉本新喜劇を対談する。
・2008年:アースマラソンに挑戦する。
・2016年:劇団間座を立ち上げる。

間寛平の現在の活動状況がヤバイ!?

芸人として様々なギャグが人気なのが間寛平さんですよね。

2017-01-11_095240

間さん独自のギャグは子供からお年寄りまで知られています。

そんな間さんなのですが、現在の活動状況が話題になっているそうです。

では、間さんの現在の活動状況とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、間さんは現在、芸人として活動しながら、マラソンランナーとしても活動しているそうです。

間さんは1970年代から芸人として活動しているのですが、2008年に世界一周マラソンに挑戦することを発表し、2009年に実際に地球一周を走るアースマラソンを行い、それ以降はマラソンランナーとして日本全国で行われるマラソン大会にゲストとして出演したりしているのだとか。

さらに、2016年には大阪で行われた大阪マラソンにゲスト参加し、東北の復興を支援する「Run Forward KANPEIみちのくマラソン2016」などを企画しているそうです。

スポンサーリンク


ちなみに、「Run Forward KANPEIみちのくマラソン2016」は、間さんと吉本所属の芸人が一緒にたすきをつないで684.1kmを走るというもので、途中でコントやトークなどを行うなど、様々なものが盛り込まれたイベントとなっていたそうです。

2017-01-11_095933

なので、このように間さんはマラソンランナーとして活躍しているのですが、2016年には芸人として「劇団間座」を立ち上げるなどしているのだとか。

2017-01-11_100117

劇団間座は、まだ表に出る機会の少ない若手の育成などを考えて立ち上げられた劇団で、間さんが若手の芸人と一緒に活動をしているそうです。

2016年の12月24日、25日に旗揚げ公演を行っているのですが、芸人としてこのように様々な活動を行っているということで間さんの現在の活動状況がヤバイですよね。

また、間さんは現在、テレビ番組にも変わらずに出演していて、「探偵ナイトスクープ」や「痛快!!明石家電子台」などに出演しているのだとか。

なので、現在の間さんは芸人という範囲にとどまらない活動をしているのですが、今後もそんな間さんは大活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

間寛平のマラソン記録の驚きの数字とは!?

間寛平さんは、本格的にマラソンを行うなどランナーとしての姿も知られていますよね。

2017-01-11_095152

間さんの走る姿はメディアなどにも多く取り上げられています。

そんな間さんなのですが、間さんのマラソン記録に注目が集まっているそうです。

では、間さんのマラソン記録とは、一体、どのくらいのレベルなのでしょうか。

そこで調べてみると、間さんはこれまでにマラソンで様々な記録を残しているそうです。

まず、間さんは1998年に市民ランナーとしてフルマラソンに挑戦し、3時間8分42秒というタイムを記録しているのだとか。

男子マラソンの日本記録は2時間6分16秒で、男性の市民ランナーの平均タイムが4時間37分32秒となってるのですが、日本記録には及ばないものの、市民ランナーとして平均をはるかに上回る好タイムを残しているということがわかりますよね。

また、間さんが初めてマラソンに挑戦した時の年齢は49歳なのですが、40代の男性の平均タイムが4時間33分、50代の男性のマラソンの平均タイムが4時間29分なので、同年代の平均タイムをかなり上回るタイムを残していることになります。

さらに間さんは、それ以降もホノルルマラソンを2回も完走したりしていて、様々なマラソン大会に出場しているのだとか。

2017-01-11_100456

2008年にはモロッコで行われたサハラマラソンに挑戦し、14kgのリュックを背負いながら245kmを7日間かけて51時間46分5秒のタイムで完走しています。

この大会は800人が参加して747人が完走し、間さんは521位でゴールしたのだとか。

そして間さんはこの大会でトップとは約32時間差、日本人のトップとは約10時間差でゴールしているのですが、当時の間さんの59歳という年齢からすると考えられないタイムで完走していますよね。

ちなみに、この大会に出場した芸人のワッキーさんのタイムは57時間31分で間さんの方がタイムが上なのだとか。

スポンサーリンク


さらに、間さんはギリシャで246kmを走るスパルタスロンを3度も完走しているのですが、完走率25%以下という厳しいレースながらも見事に完走するなど、まさに鉄人と言えるほどの活躍をしています。

また、間さんは24時間テレビで200kmを完走し、2009年には世界一周を行うアースマラソンを行って、2年1ヶ月かけて4万1000kmもの距離を走りきっているのだとか。

2017-01-11_095209

間さんはアースマラソンでほぼ毎日40kmを走り、舗装された道路を走る時には一日には70Kmもの距離を走ることもあったそうです。

これを3年間毎日続けて見事にゴールしたのですが、一時はマラソンで世界一周したということでギネス記録に載る可能性もあったのだとか。

このように間さんはマラソンランナーとして様々な大会に出場し、そのタイムや距離など相当な記録を持っているのですが、間さんのマラソン記録の驚きの数字ですよね。

現在もマラソンランナーとして活動している間さんなのですが、今後もマラソンランナーとして活躍していきそうです。

自身が企画したマラソン大会で東北の復興を支援したり、劇団を立ち上げるなど現在の活動が話題になった間さんなのですが、マラソンランナーとして3時間台でフルマラソンを走りきり、その後、様々なマラソン大会に出場して世界一周を行うアースマラソンを完走するなど、そのマラソン記録も注目されていて、今後もそんな間さんには注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・間寛平の息子が父と違い過ぎてヤバイ!?がん治療の驚きの成果とは!?

このページの先頭へ