つるの剛士の子供の病気に隠された真相がヤバイ!?将棋の驚きの腕前とは!?

ウルトラマンシリーズで主演を務め、俳優として大活躍しているのがつるの剛士さんですよね。

つるのさんはバラエティ番組にも多く出演していて人気です。

そんなつるのさんなのですが、子供の病気に隠された真相が話題になっているそうです。

さらに、つるのさんの将棋の腕前にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:つるの 剛士(つるの たけし)
本名:靏野 剛士(つるの たけし)
生年月日:1975年5月26日(41歳)
出生地:福岡県
身長:178cm
血液型:B型
所属:太田プロダクション

・1995年:芸能界デビューする。
・1997年:「ウルトラマンダイナ」に出演する。
・2003年:スタイリストと結婚する。
・2008年:羞恥心でCDデビューする。
・2009年:歌手デビューする。
・2014年:将棋親善大使に任命される。

つるの剛士の子供の病気に隠された真相がヤバイ!?

つるの剛士さんは、俳優、歌手、タレントとして活動していますよね。

つるのさんのマルチな活動は多くの人から支持されています。

そんなつるのさんなのですが、子供の病気に隠された実態が話題になっているそうです。

では、つるのさんの子供の病気に隠された実態とは、一体、どのようなことなのでしょうか。

そこで調べてみると、つるのさんは元スタイリストの奥さんとの間に5人の子供をもうけているのですが、その中の一人が自閉症などの障害や病気を患っていると噂されているそうです。

つるのさんは2003年に元スタイリストの遠藤美紀さん(旧姓)と結婚をしているのですが、遠藤さんの方がつるのさんよりも一歳年上なのだとか。

遠藤さんが第一子を出産したのは20代後半だったのですが、それから4人もの子供を産んだこともあって子供に病気や障害があると噂されていたのだとか。

確かに、4人も子供を産んでいると、その中の誰かが病気や障害を抱えている可能性は高そうですよね。

しかし、そのように言われていたものの、これについてはまったくの間違いでデマだったそうです。

スポンサーリンク


というのも、つるのさんの子供に病気や障害があるかもしれないという噂が出てきてしまった理由として、一般の方が運営している「つるのブログ」というブログの影響と言われているのだとか。

この「つるのブログ」は、つるのさんとは関係のない一般の方が運営しているブログで、その中でお子さんがウイリアムズ症候群と自閉症を抱えていることを告白しているそうです。

なので、そのブログをつるのさんのブログと勘違いした人がいて、つるのさんのお子さんも障害を抱えているというふうに言われるようになったのだとか。

ちなみに、ウイリアムズ症候群とは

「まれな遺伝子疾患であり、神経発達症に区分される。

症状には知能低下などの精神遅滞、心臓疾患などがあり、独特の顔つき(”エルフのような”(Elfin)顔つきと言われる)を示す。」

(Wikipediaより)

という障害で、自閉症というのは

「社会性の障害や他者とのコミュニケーション能力に障害・困難が生じたり、こだわりが強くなる先天性の脳機能障害。」

(Wikipediaより)

という障害なのだとか。

なので、そうしたことからつるのさんのお子さんに病気や障害があると勘違いしてしまった人が多くいて、そういう噂が出てきてしまったそうなのですが、つるのさんの子供の病気に隠された驚きの真相ですよね。

しかし、これは全くのデマで間違いということで、つるのさんのお子さんは全員、病気や障害もなく元気のようです。

そして、そんなつるのさんのお子さんについてなのですが、2004年に生まれた長男の詠斗君、2006年に生まれたうたちゃん、2007年に生まれた次女のおとちゃん、2009年に生まれた三女のいろちゃん、2016年に生まれた次男のあやと君がいるのだとか。

このようにつるのさんには5人もお子さんがいて、芸能人には珍しい大家族となっているのですが、そんなお子さんたちに囲まれてつるのさんは幸せな家庭生活を送っているようですね。

スポンサーリンク

つるの剛士の将棋の驚きの腕前とは!?

芸能人は、本業以外にも様々な趣味・特技を持っている人がいますよね。

その特技が新しい仕事に結びつくこともあるのですが、つるの剛士さんの将棋の腕前にも注目が集まっているそうです。

では、つるのさんの将棋の腕前とは、一体、どれくらいなのでしょうか。

そこで調べてみると、つるのさんは以前から将棋をやっていて、現在は将棋三段(アマチュア)の腕前なのだとか。

つるのさんは、新幹線などで移動をすることが多く、その移動中に将棋のゲームをよくやっていたそうなのですが、その将棋ゲームから将棋にハマってしまったそうです。

なので、そうしたことからつるのさんは、将棋をよくするようになり将棋に関連した仕事をするようになったのだとか。

つるのさんはNHKの「将棋フォーカス」という番組で司会を務めるようにもなったのですが、この「将棋フォーカス」の収録の合間に野月浩貴七段と指導対局を行うこともあったそうです。

しかし、その指導対局が実は昇段試験になっていて、つるのさんは番組の中で昇段試験を受けたのだとか。

つるのさんは野月七段との指導対局が昇段試験だということを知らなかったのですが、その対局棋譜を野月七段と戸部誠六段に認められて、見事にアマチュア三段に昇進したそうです。

そして、番組収録中にサプライズでつるのさんにアマチュア三段の免状を授与したそうなのですが、アマチュアながらも将棋三段とのことで、つるのさんの将棋の驚きの腕前ですよね。

スポンサーリンク


また、これまでにもつるのさんは、スカイパーフェクトTVの囲碁将棋チャンネルでレギュラー番組を持ったり、ドラマ「ハチワンダイバー」に棋士役で出演したりしているそうです。

さらに、「さんまのスーパーからくりTV」の中で、「つるの剛士・芸能界将棋王への道」というコーナーを持つなどして、つるのさんは将棋に関係した仕事を多く行っていたのだとか。

また、そうした活動が認められてつるのさんは、2014年には将棋親善大使にも任命されているそうです。

さらに、つるのさんは他にもせみや釣りなどもにも詳しいと言われているのですが、今後も将棋を筆頭にそうした趣味の面でも大活躍していきそうですね。

5人のお子さんがいて、そのお子さんに病気や障害があると噂されたものの、それはまったくのでデマだったことがわかったつるのさんなのですが、将棋に関係する仕事を多くこなし、アマチュア将棋三段の腕前を持つなどしてその将棋の腕前も注目されていて、今後もそんなつるのさんは様々なことで注目されていきそうです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・つるの剛士の自宅の様子や年収がヤバイ!?嫁との驚きの馴れ初めとは!?

このページの先頭へ