ゆりやんレトリィバァの実家の金持ち感がヤバイ!?英語やピアノの実力がスゴイ驚きの理由とは!?

ピン芸人の中でも存在感があるのが、ゆりやんレトリィバァさんですよね。

ゆりやんさんは吉本NSC時代から将来を期待されていました。

そんなゆりやんさんなのですが、実家の金持ち感が話題になっているそうです。

さらに、ゆりやんさんの英語やピアノの実力がスゴイ理由にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:ゆりやんレトリィバァ(ゆりやんれとりぃばぁ)
本名:吉田 有里(よしだ ゆり)
生年月日:1990年11月1日(26歳)
出身地:奈良県
身長:159cm
血液型:B型
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

・2012年:大阪NSCに35期生として入学。
・2014年:あなたの街に住みますプロジェクトの3代目奈良住みます芸人に就任する。
・2016年:ラジオ「ユリヤンスタジオランド」に出演する。
・2017年:第47回NHK上方漫才コンテストで優勝する。

ゆりやんレトリィバァの実家の金持ち感がヤバイ!?

ゆりやんレトリィバァさんは、独自のネタが人気ですよね。

女芸人の中で一番注目されていて、大ブレイク間近とも言われています。

そんなゆりやんさんなのですが、実家の金持ち感が話題になっているそうです。

では、ゆりやんさんの実家の金持ち感とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、ゆりやんさんは子供の頃から様々な習い事を習っていたのに加えて父親がアーティストとして活動しているそうです。

なので、そうしたことから実家がお金持ちだと言われているのだとか。

ゆりやんさんはネタで英語やピアノなどを披露しているのですが、どちらもかなりの腕前と言われていますよね。

ピアノは子供の頃から習っていたと言われているのですが、それに加えて書道も習っていたのだとか。

ゆりやんさんは書道八段の腕前でテレビ番組の書道対決の企画に出演したりしているそうです。

その番組の中でゆりやんさんは字が上手いとされる芸能人と書道対決をして、見事に勝利したこともあるのだとか。


スポンサーリンク


なので、その腕前は相当なものだそうなのですが、子供の頃から書道やピアノを習っていたということで実家がお金持ちのように感じてしまいますよね。

また、そんなゆりやんさんの実家はサンドブラストを使ったエッチングの工房を開いているそうです。

サンドブラストによるエッチングとは、圧縮空気を使って砂でガラスなどを加工していくというものなのだとか。

ゆりやんさんのお父さんは吉田昌行さんといい、「エッチング幸房ソレイユ」を開業していて様々な作品を作っているそうです。

お父さんがアーティストということで驚いてしまうのですが、芸人として独自のネタを披露するゆりやんさんなのでそれも納得ですよね。

こうしたことからもゆりやんさんの実家はお金持ちに感じてしまうのですが、ゆりやんさんの実家の金持ち感がヤバイですよね。

ただ、現在はアーティストとして活動しているゆりやんさんのお父さんなのですが、かつては近鉄の職員でサラリーマンとして働いていて、それほどお金持ちじゃなくて一般的な中流家庭だったそうです。

なので、ゆりやんさんは奨学金をもらって大学に通っていたそうなのですが、それも意外な感じがしますよね。

ただ、普通の家庭だったものの習い事をさせるなど教育には力を入れていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ゆりやんレトリィバァの英語やピアノの実力がスゴイ驚きの理由とは!?

ゆりやんレトリィバァさんは芸人として様々なネタを披露していますよね。

独特のキャラなどのネタが人気なのですが、そんなゆりやんさんの英語やピアノの実力に注目が集まっているそうです。

では、ゆりやんさんの英語やピアノの実力がスゴイ理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、ゆりやんさんはネタで英語やピアノを披露していて、その実力がかなり高いと言われているそうです。

ゆりやんさんはアカデミー賞のスピーチや海外ドラマのものまねなどをしているのですが、ネイティブに近い発音で流暢に英語を話しているのだとか。

なので、ゆりやんさんの英語の実力はかなり高いと言われているそうです。

ゆりやんさんは英語を独学で学んだそうなのですが、映画をよく見てセリフを覚えたり、大学時代に留学した友人などと英語を使って話をしたりして英語を身につけたのだとか。

また、ゆりやんさんはFNS27時間テレビの中の「笑わせたもん勝ちトーナメントKYO-ICH」で「アホ山あほのしん君」という小学二年生の男の子を演じるネタを披露しているのですが、そこでショパンの「幻想即興曲」やテクラ・バジダジェフスカの「乙女の祈り」、ベートベン「の運命」などを披露していたそうです。


スポンサーリンク


ゆりやんさんはそのようにネタの中でピアノを披露しているのですが、クラシックの名曲を楽々と弾きこなす姿に会場も騒然となったそうです。

多少弾き間違えたりもしていたそうなのですが、ピアノの方は子供の頃から習っていたと言われているのだとか。

確かにベートベンの曲などを弾きこなすのは子供の頃から習っていないと無理ですよね。

なのでゆりやんさんは英語を独学で覚え、ピアノは幼少の頃から習っていたということになるようなのですが、ゆりやんさんの英語やピアノの実力に隠された驚きの理由ですよね。

父親がアーティストで書道やピアノなどを習っていたことから実家がお金持ちっぽい感じがすると話題になったゆりやんさんなのですが、英語はネイティブ並みの発音で流暢に話し、ピアノは子供の頃から習っていたのでベートーベンなどの難曲を弾きこなせるということでその実力が高い理由についても注目されていて、今後もそんなゆりやんさんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・ゆりやんレトリィバァの大学など昔の姿がヤバイ!?面白くないと言われる驚きの理由とは!?

このページの先頭へ