松坂慶子の若い頃の活躍がヤバイ!?旦那がヒモと言われる驚きの理由とは!?

女優として大活躍しているのが松坂慶子さんですよね。

松坂さんは若い頃から演技も上手く色気のある女優として大人気です。

そんな松坂さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。

さらに、松坂さんの旦那さんがヒモと言われて、その理由にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:松坂 慶子(まつざか けいこ)
本名:高内 慶子(たかうち けいこ)
生年月日:1952年7月20日(64歳)
出生地:東京都
身長:162cm
血液型:A型
所属:日本コロムビア

1967年:ドラマ「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウでドラマ初出演する。
1971年:映画「夜の診察室」で映画初主演をする。
1990年:高内春彦と結婚する。
1993年:長女を出産する。
1995年:次女を出産する。
2016年:「早子先生、結婚するって本当ですか?」に出演する。

松坂慶子の若い頃の活躍がヤバイ!?

松坂慶子さんはセクシーな雰囲気などが人気の女優ですよね。

最近はほんわかとした雰囲気が人気で役柄に合わせて見事にキャラクターを使い分けています。

そんな松坂さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。

では、松坂さんの若い頃の活躍とは、一体、どのような感じだったのでしょうか。

そこで調べてみると、松坂さんは高校生の頃から女優として大活躍しているのだそうです。

まず、松坂さんの女優としての経歴についてなのですが、松坂さんは子供の頃から「くるみ児童合唱団」に所属するなどしていて、その頃から人前に立って歌を唄うなどしていたのだとか。

そして、中学生の頃には「劇団ひまわり」に入団し、「忍者ハットリくん+忍者ジッポウ」に主演することもあったのだそうです。

さらに、1968年に松坂さんは「ウルトラセブン」にも出演するなど中学生ながらも大活躍していたのだとか。

そして、高校2年生の頃に大映からスカウトされて、1969年の映画「ある女子高校医の記録続・妊娠」で映画初出演をしているそうです。

このように映画に初出演をしたことから女優として本格的に活動するようになり、1971年には映画「夜の診察室」で映画初主演を務めているのだとか。

「夜の診察室」は松坂さん以外の女優が主演する予定だったのですが、その女優が降板したことから松坂さんが代役として主演をするようになって、「夜の診察室」で見事な演技を見せたのだそうです。

こうして女優として大活躍をしていた松坂さんは1972年に松竹に移籍をして1973年には大河ドラマ「国盗り物語」に出演をしているのだとか。


スポンサーリンク


さらに、松坂さんは70年代には「黒の奔流」、「宮本武蔵」、「野良犬」などのヒット映画に出演をしていたそうです。

松坂さんは映画の他にもドラマにも多く出演をしていて70年代には「おさな妻」、「女はつらいよ」、木下恵介・人間の下シリーズ」などに出演し、大河ドラマも数年おきに出演するなどしていたのだとか。

また、松坂さんはドラマ「水中花」に出演をして、主題歌の「愛の水中花」をバニーガール姿で歌って大ヒットするなどしているそうです。

このように女優、歌手として若い頃から大活躍していた松坂さんなのですが、松坂さんの若い頃の活躍がヤバイですよね。

若い頃からその演技力などが評価されていて、現在も変わらずに女優として大活躍しているということで、今後も松坂さんは大活躍していきそうです。

スポンサーリンク

松坂慶子の旦那がヒモと言われる驚きの理由とは!?

松坂慶子さんは結婚をした時に大きな話題となりましたよね。

松坂さんの結婚相手も注目されたのですが、そんな松坂さんの旦那さんがヒモと言われていて、その理由に注目が集まっているそうです。

では、松坂さんの旦那さんがヒモと言われる理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、松坂さんの旦那さんは格差婚などの影響もあって松坂さんの父親からヒモと呼ばれたのだそうです。

松坂さんは長年独身だったのですが、1990年にジャズギタリストの高内春彦さんと結婚をしているのだとか。

松坂さんは60年代後半から女優として活躍していて人気女優として知られていたのですが、高内さんは無名のジャズミュージシャンということで、二人が結婚をした時にはその格差が大きく注目されたのだそうです。

そして、そんな二人の馴れ初めについてなのですが、松坂さんがカンヌ映画祭の帰りにニューヨークに寄った時に知人から高内さんを紹介されて二人は出会ったのだとか。

そして、そのまま交際を開始した二人は1990年に結婚をしたのだそうです。

ただ、松坂さんと高内さんが結婚をした時には、松坂さんの両親に黙って結婚をしたことから松坂さんの両親が激怒してしまったのだとか。

特に松坂さんの父親が大激怒をして高内さんを

「慶子に寄生して、のうのうと生きている」

と言って高内さんを批判をするなどしていて、そうしたことから高内さんはヒモと呼ばれるようになってしまったのだそうです。

他にも、松坂さんの父親は高内さんが松坂さんを利用しているということや、一日に500万円も稼ぐと嘘を言っていたということなども暴露して大きな騒動となったのだとか。

なので、人気女優の松坂さんと売れないミュージシャンの高内さんの格差婚に加えて、松坂さんの父親がそのように高内さんのことを批判したことから、高内さんはヒモと言われるようになってしまったそうです。

また、こうした一連の騒動から松坂さんと高内さんは松坂さんの両親とほぼ絶縁状態となってしまったのだとか。

そして、松坂さんの父親が亡くなるまで関係はこじれたままだったそうなのですが、松坂さんの旦那さんがヒモと言われる驚きの理由ですよね。

スポンサーリンク


ただ、そのようにヒモと言われていた高内さんなのですが、現在もジャズギタリストとして活躍していて、日本を代表するサックス奏者である渡辺貞夫さんなどと一緒にライブやレコーディングを行っているそうです。

さらに、ヒモと言われていた頃もニューヨークで活躍するなどしていて、実際にはジャズギタリストとして様々な活動をしていたのだとか。

なので、世間で言われているようなヒモというような状態じゃなかったようなのですが、今だに当時の印象が残っていてヒモと言われることも多いようです。

しかし、結婚当時から松坂さんとは仲が良くて二人のお子さんももうけているということで、夫婦仲は現在もかなり良いようですよ。

10代の頃から女優として活躍し、映画・ドラマに多く出演をして若い頃の活躍が話題になった松坂さんなのですが、旦那さんとは格差婚と言われ、松坂さんの両親からヒモと言われてしまうなど話題になったということで、今後もそんな松坂さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・松坂慶子の娘のブサイクさと過去の整形の関係がヤバイ!?太った衝撃の理由とは!?

・松坂慶子と父親の確執が生じた理由がヤバイ!?韓国との驚きのつながりとは!?

このページの先頭へ