松坂慶子と父親の確執が生じた理由がヤバイ!?韓国との驚きのつながりとは!?

松坂慶子さんは1969年からドラマに出演するなど、10代の頃から大活躍していますよね。

70年代には大手の映画会社と契約するなどしていました。

そんな松坂さんなのですが、父親との間に確執が生じた理由が話題になっているそうです。

さらに、松坂さんと韓国のつながりにも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:松坂 慶子(まつざか けいこ)
本名:高内 慶子(たかうち けいこ)
生年月日:1952年7月20日(64歳)
出生地:東京都
身長:162cm
血液型:A型
所属:日本コロムビア

1967年:ドラマ「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウでドラマ初出演する。
1971年:映画「夜の診察室」で映画初主演をする。
1990年:高内春彦と結婚する。
1993年:長女を出産する。
1995年:次女を出産する。
2016年:「早子先生、結婚するって本当ですか?」に出演する。

松坂慶子と父親の確執が生じた理由がヤバイ!?

松坂慶子さんはこれまでに様々なことで週刊誌をにぎわせていますよね。

私生活では家族の事などにも大きな注目が集まりました。

そんな松坂さんなのですが、父親との間に確執が生じた理由が話題になっているそうです。

では、松坂さんと父親の間に確執が生じてしまった理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、松坂さんのお父さんは松坂さんの結婚に反対していて、そこから松坂さんと確執が生まれてしまったのだそうです。

松坂さんは1991年にギタリストの高内春彦さんと結婚をしているのですが、高内さんとの結婚について松坂さんの父親は大反対をしていたのだとか。

松坂さんの父親は高内さんに収入がないことなどを理由に結婚を反対していたのだそうです。

高内さんはジャズマンとして生計を立てているのですが、よほど有名じゃないと高収入を望めない世界なのかもしれません。

さらに、高内さんが言っていたマンションを持っているということなども嘘だと批判をして高内さんのことをヒモと呼ぶこともあったのだとか。

そうしたことから松坂さんのお父さんは結婚に反対していたそうなのですが、松坂さんは高内さんとの結婚をお父さんに極秘で進めていたとも言われていたそうです。

なので、そうしたこともあって松坂さんとお父さんは絶縁状態になってしまったのだそうです。

そして、松坂さんとお父さんは結婚後もほとんど交流がなくなってしまったのだとか。

スポンサーリンク


さらに、松坂さんと高内さんの間に二人の娘さんが生まれても親子間の溝は回復せずに絶縁したままだったそうなのですが、松坂さんと父親の間に確執が生じた理由がヤバイですよね。

そうした絶縁状態の中で松坂さんのお父さんは松坂さんに向けて書いたと思われる「娘・松坂慶子への遺言」という本も出版していたそうなのですが、こうした本を出版することからも親子間で関係がこじれていたということがわかります。

ただ、そんな松坂さんの父親なのですが、2007年に亡くなっているのだそうです。

本のタイトルにあるとおり遺言になってしまったのですが、面と向かって話せない娘に対して自分の思いをしっかり伝えたかったのかもしれません。

亡くなるまで松坂さんとの確執は続いていたと言われているそうなのですが、それだけ松坂さんと高内さんの結婚は気に入らなかったようですね。

スポンサーリンク

松坂慶子と韓国の驚きのつながりとは!?

松坂慶子さんは様々な噂などが報じられていますよね。

女優という事で本当のこともあればデタラメな記事もあるのですが、松坂さんと韓国の繋がりが注目されているそうです。

では、松坂さんと韓国のつながりとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、松坂さんは父親が韓国人で在日韓国人だったそうです。

松坂さんは日本で生まれ育っているのですが、父親が在日韓国人一世ということをカミングアウトしているのだとか。

なので、松坂さんは在日韓国人二世として生まれ育っていて韓国人とのハーフなのだそうです。

松坂慶子という名前は芸名で実際は韓国名があったと言われているのですが、本名についてははっきり明かされていないのだとか。

そうしたことから松坂さんが在日韓国人だということはあまり知られていなかったのですが、松坂さんが有名になった後に松坂さんのお父さんがマスコミに向かって在日韓国人ということをカミングアウトしたのだそうです。

なので、そこから松坂さんが在日韓国人ということが知られるようになったのですが、松坂さんと韓国の驚きのつながりですよね。

ちなみに、松坂さんのお父さんは1938年に韓国から日本に移住し、そこで幼少期に身売りをされた松坂さんのお母さんと出会って結婚をしたのだそうです。

松坂さんのお父さんは国籍が韓国のまま日本名を使って日本で生活をし、お母さんは幼少期に身売りされために戸籍がない状態だったのだとか。

しかし、知人の協力などもあってお母さんの戸籍が回復し、二人の間に生まれた松坂さんは幼少期にお母さんの戸籍に入ったことから日本国籍を持つようになったのだそうです。

一説には松坂さんは1993年に日本に帰化したとも言われているのですが、韓国とのハーフとして生まれたものの国籍は幼少の頃から日本だったようですね。


スポンサーリンク


そして、現在の松坂さんとお母さんは松坂さんのお父さんが亡くなった後に実家で一緒に暮らしているそうなのですが、要介護3の認定を受けているお母さんの介護をしながら暮らしているそうです。

松坂さんは2012年頃からお母さんと一緒に暮らしているそうなのですが、かつては結婚を巡って確執があったと言われていたものの実の親子ということでそうした確執を乗り越えてお母さんの面倒を見ているようですね。

なので、ご両親との間で続いていた絶縁状態は両者の間に確執があったというよりは、ある種の勘当に近かったのかもしれません。

結婚に反対されたことから父親と絶縁状態になってしまって確執があったと言われて話題になった松坂さんなのですが、父親が在日韓国人で松坂さんも韓国とのハーフということで韓国との関係が注目されていて、今後もそんな松坂さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・松坂慶子の娘のブサイクさと過去の整形の関係がヤバイ!?太った衝撃の理由とは!?

・松坂慶子の若い頃の活躍がヤバイ!?旦那がヒモと言われる驚きの理由とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ