駿河太郎の父親とは異なる意外な経歴がヤバイ!?タトゥーを入れた驚きの理由とは!?

実力派の俳優として様々な作品に出演しているのが駿河太郎さんですよね。

駿河さんは話題作に多く出演しています。

そんな駿河さんなのですが、父親とは異なる意外な経歴が話題になっているそうです。

さらに、駿河さんがタトゥーを入れた理由にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:駿河 太郎(するが たろう)
本名:駿河 太郎(するが たろう)
生年月日:1978年6月5日(38歳)
出生地:兵庫県
身長:174cm
血液型:O型
所属:ステッカー

・2003年:taro名義でメジャーデビューする。
・2008年:俳優に転身する。
・2011年:朝ドラ「カーネーション」に出演する。
・2013年:ドラマ「半沢直樹」に出演する。
・2016年:映画「湯を沸かすほどの熱い愛」に出演する。

駿河太郎の父親とは異なる意外な経歴がヤバイ!?

駿河太郎さんは俳優として大活躍していますよね。

CMなどにも出演していて人気です。

そんな駿河さんなのですが、父親とは異なる意外な経歴が話題になっているそうです。

では、駿河さんの父親とは異なる意外な経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、駿河さんは父親が笑福亭鶴瓶さんで、かつてミュージシャンとして活動していたことがあったそうです。

駿河さんは兵庫県の出身なのですが、父親が落語家の笑福亭鶴瓶さんなのだとか。

駿河さんは笑福亭鶴瓶さんとあまり顔が似ていないとも言われているそうなのですが、実は親子でCMに出演することもあるそうです。

確かに、こうして並ぶとあまり似ていない感じがしますよね。

目が細くて開いているかわからない笑福亭鶴瓶さんに比べて、駿河さんは目がはっきり開いているのでそう感じるのですが、ともに垂れ目なところはそっくりです。

駿河さんは本名で活動しているのですが、笑福亭鶴瓶さんの本名は駿河学ということが知られていて、そうした事から二人が親子ということに気が付く人もいるそうです。

そして、父親が笑福亭鶴瓶さんということで駿河さんは二世芸能人ということになるのですが、俳優として30歳の時にデビューしているのだとか。

俳優としてはかなり遅めのデビューになるのですが、その前はミュージシャンとして活動していたそうです。

ミュージシャンから俳優に転身するというのはかなり意外な過去ですよね。

駿河さんは大阪芸術短期大学を卒業しているのですが、その後ロンドンに留学しているのだとか。

大阪芸術短期大学は偏差値が44なのですが、笑福亭鶴瓶さんに

「あと2年間大学に行っていると思って、どっか行ってこい、海外に行って揉まれてこい」

と言われたことからイギリス留学を決めたのだそうです。

短期大学には2年間しか通わないで2年を海外で過ごせということだったそうなのですが、笑福亭鶴瓶さんらしい言葉ですよね。

そして、イギリスに留学した駿河さんはそこで音楽に出会い、ミュージシャンとして活動することになったのだとか。

そのようにしてミュージシャンになった駿河さんはライブなどを行い、見事メジャーデビューをしているのですが、なかなかブレイクができずに2年間メジャーで活動した後にインディーズで活動するようになったのだそうです。

メジャーで活動するのは色々と制約があると言われているので、あえてインディーズで活動することを選んだのかもしれないのですが、メジャーデビューするだけでもスゴイですよね。

そして、アルバイトをしながら生活をしていたと言われているのですが、自分のやりたい音楽をやりたいという熱い思いを感じます。

スポンサーリンク


ただ、そのようにミュージシャンとして活動していた駿河さんなのですが、30歳の時に俳優をやらないかと声をかけられ「東映映画学校」のオーディションを受けて見事合格したのだとか。

そしてそのまま俳優として活動をするようになって現在に至るのだそうです。

駿河さんは俳優に転身後にNHKの朝ドラ「カーネーション」、大河ドラマ「平清盛」、「半沢直樹」などに出演しているのですが、俳優に転身してすぐにこのような人気作品に出演して優れた演技を見せるというのはさすがですよね。

こうしたところは父親の笑福亭鶴瓶さんの血を引いているからと言えそうです。

このように駿河さんは遅咲きながらも現在は人気俳優として活動し、将来は世界で活躍する俳優になりたいという夢があるそうなのですが、駿河さんの父親とは異なる意外な経歴がヤバイですよね。

ミュージシャン、俳優として活動し、それぞれの分野で独自の活動を行っていく姿は落語家ながらも独自の活動を行っている笑福亭鶴瓶さんをどこか彷彿とさせる感じもします。

スポンサーリンク

駿河太郎がタトゥーを入れた驚きの理由とは!?

芸能人の中にはタトゥーなどを入れている人も多いですよね。

駿河太郎さんもタトゥーを入れていると言われているのですが、駿河さんがタトゥーを入れた理由に注目が集まっているそうです。

では、駿河さんがタトゥーを入れた理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、駿河さんは背中や胸にタトゥーを入れていると言われているそうです。

駿河さんは元ミュージシャンなのでタトゥーなどにも抵抗がないように感じてしまうのですが、下のようなタトゥーを入れているのだとか。

かなり大きなタトゥーで本格的なものですよね。

他にも胸にタトゥーが入っているとも言われているそうです。

どちらも和を感じさせるタトゥーなのですが、かなり本格的なタトゥーですよね。

このように駿河さんのタトゥーは大きく注目されているのですが、実はこれは舞台用に入れた偽物のタトゥーなのだそうです。

駿河さんは「赤いマスクのあんちくしょう」という舞台に出演した時に、背中のタトゥーをペイントしていたのだとか。

駿河さんはヤクザ役を演じるということで女優、エッセイイストのわかぎ ゑふさんが駿河さんの背中にタトゥーを書いたそうなのですが、本物かと思ってしまうほど見事なものですよね。


スポンサーリンク


そして、胸にあるタトゥーについてなのですが、これは舞台「真田十勇士」に出演した時にメイクで書いたものになるそうです。

なのでこれも舞台用に書いたものなので本物のタトゥーじゃないそうなのですが、かなり本格的なものなのでどちらも本当のタトゥーと勘違いする人が多いそうです。

今だに駿河さんが本物のタトゥーを入れていると勘違いしている人もいるそうなのですが、駿河さんがタトゥーを入れた驚きの理由ですよね。

このように舞台で偽物のタトゥーしたことから、そのまま駿河さんが背中などにタトゥーを入れたということはないと思いますが、意外と似合っているので身体のどこかにタトゥーがあるかもしれません。

今後上半身を脱ぐ役を演じるときにいろいろわかってくると思いますが、ミュージシャンとしての顔ももつので、そんなに違和感はないかもしれませんね。

父親が笑福亭鶴瓶さんで、イギリスに留学してミュージシャンとして活動した後に俳優になるなど、その父親とは異なる経歴が話題になった駿河さんなのですが、舞台のために背中や胸にペイントでタトゥーを入れたことが注目されるなどしていて、今後もそんな駿河さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・駿河太郎と嫁が出会った意外なバイト先が発覚!?逮捕の噂が流れた驚きの理由とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ