森口瑤子と旦那の馴れ初めや元彼がヤバかった!?歯をイジってきた驚きの過去とは!?

女優として大活躍しているのが森口瑤子さんですよね。

森口さんはCMにも多く出演しています。

そんな森口さんなのですが、旦那さんとの馴れ初めや元彼が話題になっているそうです。

さらに、森口さんが歯をイジってきた過去にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:森口 瑤子(もりぐち ようこ)
本名:坂元 瑤子(さかぐち ようこ)
生年月日:1966年8月5日(50歳)
出生地:東京都
身長:164cm
血液型:A型
所属:松竹エンタテイメント

・1983年:ミス松竹に選ばれる。
・1991年:大河ドラマ「太平記」に出演する。
・1993年:「地方記者・立花陽介」に出演する。
・1998年:脚本家の坂元裕二と結婚する。
・2015年:ドラマ「コウノトリ」に出演する。

森口瑤子と旦那の馴れ初めや元彼がヤバかった!?

森口瑤子さんは話題のドラマに多く出演していますよね。

森口さんはデビュー以来数多くの作品に出演しています。

そんな森口さんなのですが、旦那さんとの馴れ初めや元彼が話題になっているそうです。

では、森口さんと旦那さんの馴れ初めや元彼とは、一体、どのような感じなのでしょうか。

そこで調べてみると、森口さんは脚本家の坂元裕二さんと結婚しているのですが、かつては大物俳優との熱愛が報道されたことがあるのだそうです。

まず、結婚についてですが、森口さんは1998年に脚本家の坂元裕二さんと結婚をしているのだとか。

坂元さんは脚本家として様々なドラマを手掛けていて、ドラマ「東京ラブストーリー」や「最高の離婚」などを担当しているそうです。

ヒット作ばかり手掛けていてまさに人気の脚本家ですよね。

そんな坂元さんと結婚をした森口さんなのですが、二人は1996年に「ユーリ」という映画に森口さんが出演したことから知り合ったと言われているそうです。

「ユーリ」は森口さんが女優として出演し、坂元さんが脚本を担当していたのですが、こうして作品を通して女優と脚本家などが知り合って結婚するというケースは多いですよね。

そして、森口さんが映画に出演した2年後に二人は結婚をしていて、2002年にお子さんを出産しているそうです。

現在は中学生になる娘さんがいるそうなのですが、中学の名前など詳しい情報は公開されていないようです。

でも、森口さんと坂元さんの娘さんならきっと美人だと思うので、そのうち芸能界にデビューする日が来るかもしれませんね。

お父さんの脚本で親子共演を果たす可能性もあるのですが、芸能一家として活躍していきそうです。

スポンサーリンク


また、そんな森口さんなのですが、かつては俳優の豊川悦司さんと熱愛が報じられたことがあったそうですね。

モテ男として知られる豊川さんなので森口さんが惹かれるというのも納得です。

森口さんと豊川さんは映画で共演したことから交際するようになったと言われていて、半同棲をしていたとも言われているそうですよ。

当時は豊川さんが32歳で、森口さんが27歳だったそうなのですが、そのときの豊川さんは共演者キラーと呼ばれていて、共演する女優さんとの噂が絶えない時期だったようです。

そして、半同棲をするほどなので、それだけ真剣な交際だったと言われているのですが、お互い若く俳優・女優としてこれからの時期だったので、結婚には至らず、その後すれ違いなどが生じて、いつの間にか破局をしていたのだとか。

ただ、そんな過去のある森口さんですが、現在は家族三人で幸せな家庭を築いているということで、今後はそんな森口さんの家庭生活に注目していきたいですね。

スポンサーリンク

森口瑤子さんが歯をイジってきた驚きの過去とは!?

芸能人は歯並びを治す人も多いですよね。

デビュー後に歯を治す人もいるのですが、森口瑤子さんが歯をイジってきた過去に注目が集まっているそうです。

では、森口さんが歯をイジってきた過去とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、森口さんは20代の頃から何度か歯を治していると言われているそうです。

森口さんは上の前歯が少し出ているのと下の前歯が乱抗歯になっていたのだとか。

なので、25歳の時にその歯を治したと言われているそうです。

それほど歯並びがガタガタというわけではないのですが、笑顔で歯を見せる機会の多い職業なので、やはり本人もコンプレックスを感じていたのかもしれません。

歯を治した森口さんは上下ともにセラミッククラウンの歯を差し歯として入れたと言われているのだとか。

ちなみに、セミラミッククラウンの差し歯は一本8~18万円と言われていて、森口さんは数本セラミッククラウンの差し歯を入れたと言われているのですが、何十万と費用をかけても今後の女優人生のためには必要な投資だったのかもしれませんね。

ただ、森口さんは30代の頃にも歯に隙間ができてきてしまったので、差し歯をメタルボンドセラミッククラウンのものに変えたと言われているそうです。

メタルボンドセラミッククラウンは一本8万円もするものなのですが、森口さんは12本もメタルボンドセラミッククラウンを入れたと言われていて総額で96万円もかかっているのだとか。

ちなみに、

メタルボンドは、金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。

金属で補強しているので耐久性があり、奥歯のクラウン(被せ物)やブリッジの治療に用いられることが多くあります。

しかし、透明感や色調は金属を使用していないものよりも劣ります。

また、経年的に歯茎が痩せて金属部分が見えたり、金属イオンが歯茎に付着して黒ずんだりするなどの問題が生じることもあります。

(引用元:http://www.shinbi-shika.net/shinbi_html/care/metal.html)

ということなので、かなり強度があるものに変えたようです。

現在の森口さんの歯並びは若い頃の歯並びとはかなり違って、しっかり整っているのですが、実際に森口さんが歯を治したビフォーアフターを見るとその変化がはっきりしていますよね。

もともと顔の作りが整っていただけに、さらに美貌に磨きがかかった気がします。

スポンサーリンク


ただ、そんな森口さんなのですが、最近は差し歯の影響で歯茎が紫や黒に変色しているとも言われているそうです。

先ほどのメタルボンドの説明にあったとおり、差し歯や入れ歯をするとどうしても歯茎などが変色しやすくなってしまうのですが、こればかりは仕方がない事のようです。

このように森口さんの歯の変化を振り返ってみたのですが、美人女優として知られている森口さんなので、歯をイジってきたことを知らない人からすると、森口さんが歯をイジってきた驚きの過去ですよね。

今後もそんな森口さんは定期的に歯のメンテナンスを行っていくかもしれません。

でも、歯並びを変えるだけでかなり印象が変わるので、美人女優で居続けるには体型などの外見だけでなく、見える部分すべてに手を入れて調整し続けていかないといけない宿命なのかもしれませんね。

脚本家の坂元裕二さんと結婚をして、過去には豊川悦司さんとの熱愛が報じられるなどその旦那さんとの馴れ初めや元彼が話題になった森口さんなのですが、デビュー後に何度か歯を治していてその過去も注目されていて、今後もそんな森口さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・森口瑤子の若い頃の活躍がヤバかった!?羽田美智子との姉妹説の驚きの真相とは!?

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ