高山善廣の若い頃の活躍や顔の変化がヤバイ!?脳梗塞や耳がない原因がヤバイ!?

プロレスラーとして大活躍しているのが高山善廣さんですよね。

高山さんの豪快なプロレス技などが人気です。

そんな高山さんなのですが、若い頃の活躍や顔の変化が話題になっているそうです。

さらに、高山さんの脳梗塞や耳がない原因にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:高山 善廣(たかやま よしひろ)
本名:高山 善廣(たかやま よしひろ)
生年月日:1966年9月19日(50歳)
出身地:東京都
身長:196cm
血液型:O型
所属:高山堂

・1992年:プロレスラーとしてデビューする。
・1995年:キングダムに移籍する。
・1999年:世界タッグ王者、アジアタッグ王者になる。
・2000年:プロレスリングノアに参加する。
・2003年:IWGPヘビー級王座を獲得する。
・2016年:ドラマ「OUR HOUSE」に出演する。

高山善廣の若い頃の活躍や顔の変化がヤバイ!?

高山善廣さんはプロレスでチャンピオンになるなど大活躍していますよね。

最近はプロレスの解説者としても活躍しています。

そんな高山さんなのですが、若い頃の活躍や顔の変化が話題になっているそうです。

では、高山さんの若い頃の活躍や顔の変化とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、高山さんは大学卒業後からプロレスラーとして活躍してチャンピオンになり、その影響で顔がかなり変化していると言われているそうです。

高山さんは元々ラグビー部でライフガードのアルバイトをするなどしていたのですが、大学生の頃にUWFの入団テストを受けて見事合格したのだとか。

学生ながらもプロレスラーの入団テストに合格するのはすごいですよね。

ただ、その時はケガなどの影響でプロレスラーになることができなかったそうです。

しかし、高山さんはどうしてもプロレスラーになりたかったために大学卒業後に再びUWFインターナショナルに入門したのだとか。

こうしたところからプロレスラーへの並々ならぬ熱意を感じます。

そして、プロレスラーとなった高山さんは努力を重ねて、1992年に金原弘光さんとの試合でデビューしているのだとか。

その後、高山さんは安生洋二さんや山本喧一さんとゴールデンカップスを結成するなどして活躍し、バーリトゥードの試合に出場するなどしていたそうです。

若手レスラーながらも巨体を活かした高山さんのファイトスタイルは人気で、そんな高山さんはプロレスラーとして大注目されていたのだとか。

そして、高山さんはその後、UWFインターナショナルが解散したことからキングダムに移籍したのですが、キングダムで活躍した後はフリーランスとして活動していたこともあるのだそうです。

そのようにフリーランスになった高山さんは全日本プロレスと交流があり、全日本プロレス所属の川田利明さんと試合をするなどしていたのだとか。

そして、高山さんは1995年に全日本プロレスに正式に入団し、1997年にフリーとしてゲーリーオブライトとタッグを組んで川田利明さんと田上明さんのタッグに挑戦するメインイベントに出場するなどしていたそうです。

高山さんはこの試合で世界戦に初挑戦することになったのですが、デビューしてわずか5年で世界戦に挑戦というのはすごいですよね。

また、1999年には世界タッグ王座とアジアタッグ王座を制覇するなど、ついにプロレスラーとしてチャンピオンになったのだそうです。

ただ、そのように全日本プロレスで活躍しチャンピオンになった高山さんなのですが、2000年にプロレスリングノアに移籍し、2001年にはPRIDEに参戦するなど総合格闘技の世界にも挑戦していったのだとか。

高山さんは総合格闘技の世界でも人気となり、ドン・フライとの壮絶な殴り合いは顔がボコボコに腫れ上がって変形してしまうほど激しいものだったそうです。

こうしたことから総合格闘技の世界でも高山さんはファンを多く獲得しているのだとか。

そして、その後の高山さんはプロレスの世界に戻り、2002年にGHCヘビー王座を獲得し、2003年にはIWGPヘビー級王座を獲得しているそうです。

さらに、2004年にはIWGPタッグ王座を獲得していて、史上二人目となる3大メジャータッグ王座を獲得したのだとか。

このように高山さんはプロレスラー、総合格闘家として様々な団体で大活躍をしていたそうなのですが、物凄い活躍ぶりですよね。

スポンサーリンク


ただ、同時にそのように激しいファイトスタイルが特徴だった高山さんは数々の激闘の末、顔がかなり変わったとも言われているそうです。

まず、下の画像が若い頃の高山さんの顔になります。

この頃はまだ顔の歪みなどもほとんどなく、精悍な若いマスクのレスラーといった感じがしますよね。

そして、下の画像が2010年代の高山さんになるのですが、かなり顔が歪んでしまって、目の高さがズレています。

高山さんの顔の変化からいかに激しい試合を行っていたのかがわかるのですが、高山さんの若い頃の活躍や顔の変化がヤバイですよね。

ただ、最近の高山さんは顔の矯正などを行ったのか、顔の歪みなども一時期に比べるとかなり良くなっているようです。

最近の高山さんは俳優としても活躍しているので画面写りなどを考えて顔のケアをしているのかもしれませんね。

今後も激しいプロレスの試合などを行うこともあるかと思うのですが、そんな高山さんの活躍や顔について注目していきたいものです。

スポンサーリンク

高山善廣の脳梗塞や耳がない原因がヤバイ!?

プロレスラーには怪我や病気がつきものですよね。

高山善廣さんも様々な怪我をしているのですが、脳梗塞や耳がない原因に注目が集まっているそうです。

では、高山さんの脳梗塞や耳がない原因とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、高山さんは2004年に脳梗塞を患い、ケガや病気で耳がなくなってしまったと言われているそうです。

高山さんは90年代からプロレスラーとして活躍していたのですが、2004年に大阪で試合を行った後に脳梗塞を発症し、右手が動かなくなってしまったのだとか。

リング上でも違和感を感じていたそうなのですが、試合後に控室に戻った時にドアノブをつかめずに立ちくらみをするなどして倒れてしまい、そのまますぐに病院に直行したのだそうです。

かなり危険な状態だったことがわかるのですが、激しいプロレスの試合を行った後ということで試合の影響などもあって脳梗塞が起きてしまったのかもしれません。

そして、そんな高山さんが脳梗塞を発症した原因についてなのですが、肉食と脱水症状やお酒が原因と言われているそうです。

高山さん普段からコーヒーを一日10杯も飲み、お酒も大量に飲んでいたのですが、どちらも利尿作用が強いために脱水症状になりやすいのだとか。

さらに、プロレスの試合で大量に汗をかいたために脱水症状となってしまって脳梗塞を発症してしまったそうです。

また、高山さんは普段から食事は肉を中心にしたものが多かったので、血液がドロドロになってしまっていたとも言えそうですね。

そして、高山さんはそのまま病院で脳梗塞の手術を受けて何とか一命をとりとめたのだとか。

ただ、高山さんは手術をして手足が自由に動かせるようになったことからすぐに退院できると考えていたそうなのですが、その後療養のためにプロレスを長期休場することになってしまったそうです。

手術後は体が自由に動かせたものの、しばらくするとやはり体が思うように動かせなかったり言葉が上手く出なかったりしたそうのだとか。

しかし、そんな高山さんは再びプロレスの世界に戻ろうとリハビリなどにも励むようになったそうです。

まず、高山さんはリハビリの前に摂取する食べ物を大きく改善するようにしていて、毎日の食事を改善したり水を多く飲むようにするなどしていたそうです。

そして、高山さんは歩行訓練などの脳梗塞の後遺症のリハビリを行ったと思われるのですが、そのようにリハビリを行っていた高山さんは徐々に受け身の練習なども行うようになり、2006年にプロレスリングノアの試合でプロレスラーとして復帰したのだとか。

大病から見事に復活した高山さんはプロレスファンから大声援で迎えられたのだそうです。

そして、その後は脳梗塞を再び発症したりすることもなく現在も元気にプロレスを続けているのだとか。

こうしたところはさすがプロレスラーといった感じがしますよね。

スポンサーリンク


また、そんな高山さんなのですが、耳がないということも話題になっているそうです。

高山さんはその巨体ばかりが注目されるのですが、新人レスラーの頃から耳がないと言われて注目されていたのだとか。

確かに高山さんは右耳の形が少し特殊で、耳がないように見えますよね。

この高山さんの耳についてなのですが、高山さんはプロレスラーになる前にライフガードのアルバイトをしていて、その時の事故で耳を失ってしまったと言われているそうです。

どのような事故だったのかははっきりと明かされていないのですが、耳が無くなるほどの事故ということでかなり大きな事故だったようですね。

ただ、高山さんは先天性小耳症を患っていてそのために耳がないとも言われているそうです。

ちなみに、先天性小耳症とは、

「出生時に耳の形成が不完全で主に通常よりも耳が小さい状態を指す。」

(Wikipediaより)

というものなのだとか。

なので、事故で耳をなくしたと言われているものの実際は生まれた時から高山さんは耳がなかったと言えそうですね。

ただ、そうしたものを乗り越えてプロレスラーとして大活躍しているということで、高山さんの並々ならぬ努力がヤバイですよね。

若い頃からチャンピオンになるなどプロレスラーとしての活躍や顔が歪んでいることが話題になった高山さんなのですが、脱水症状などから脳梗塞を発症し、先天的に耳がないことなども注目されていて、今後もそんな高山さんから目が離せません。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・高山善廣と嫁の馴れ初めや子供との生活がヤバイ!?韓国人という噂の驚きの真相とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ