小島慶子が嫌いと言われる理由が多すぎてヤバイ!?母や姉との確執の衝撃の真相とは!?

小島慶子さんはTBSのアナウンサーとして局アナ時代から大活躍していましたよね。

現在はアナウンサー、エッセイストとして様々な番組に出演しています。

そんな小島さんなのですが、嫌いと言われていて、その理由が多すぎると話題になっているそうです。

さらに、小島さんの母や姉との確執の真相にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:小島 慶子(こじま けいこ)
本名:小島 慶子(こじま けいこ)
生年月日:1972年7月27日(44歳)
出身地:オーストラリア
身長:172cm
血液型:B型
所属:オスカープロモーション

・1995年:TBSに入社する。
・1998年:「BATTLE TALK RADIOアクセス」のナビゲーターに就任する。
・2000年:一般男性と結婚する。
・2002年:第一子を出産する。
・2005年:第二子を出産する。
・2013年:オーストラリアに移住する。

小島慶子が嫌いと言われる理由が多すぎてヤバイ!?

小島慶子さんは現在オスカープロモーションに所属してタレントとしても活動していますよね。

さらに、エッセイストとしてエッセイなども書いていてそちらの方も人気です。

そんな小島さんなのですが、嫌いと言われていて、その理由が多すぎると話題になっているそうです。

では、小島さんが嫌いと言われる理由というのは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小島さんはその性格などから嫌いと言われているそうです。

小島さんは我が強くてヒステリーな性格をしていると言われていて、そうした所が嫌いと言われているのだとか。

さらに、小島さんは人の話を聞かずに自分の考えを曲げないために、そうした小島さんの性格が嫌いという人も多いのだそうです。

確かに、小島さんはテレビに出演する時にはいつも怒っていたり、感情的になっていることが多いですよね。

なので、そういうことから小島さんは嫌いと言われているそうです。

小島さんはアナウンサーからタレントに転身したのですが、タレントになってから様々な番組に出演するようになり、そこで自分の意見を言うようになったことから小島さんの性格が見え隠れすることが多くなったのだとか。

アナウンサーの時とはキャラが異なってより地が出てきたとも言えそうなのですが、そうしたことから嫌いと言われることが増えたのだそうです。

また、小島さんは自説を述べることも多いのですが、その意見はどこか偏ったものが多いとも言われているのだとか。

なので、小島さんのそうしたところも嫌いと言われているそうです。


スポンサーリンク


さらに、小島さんはTBSの局アナ時代もスタッフと対立することが多くて、スタッフからも嫌いと言われていたのだとか。

番組の制作や番組の方針について意見をすることから、スタッフとぶつかることが多かったそうなのですが、小島さんは現場でかなりうるさがられていたそうです。

なので、昔から小島さんはその性格から周囲から嫌われてしまうことが多かったそうなのですが、小島さんが嫌いと言われる理由が多すぎてヤバイですよね。

ただ、小島さん自身は世間からそれだけ嫌われていることを知らなかったのだとか。

小島さんは元NHKアナウンサーの神田愛花さんと番組で共演した時にそのことを告げられて驚いたのだそうです。

ただ、そのように嫌いと言われることが多い小島さんなのですが、ストレートな物言いをする小島さんが好きという人も多くいて、人によって感じ方は様々なようです。

キャラ的にも嫌いと言われてしまうことが多い小島さんなのですが、バラエティ番組にはそうした人も必要なので、今後も小島さんは嫌いと言われながらも大活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

小島慶子の母や姉との確執の衝撃の真相とは!?

小島慶子さんはタレントとして活動していることもあって家族の事なども話題になっていますよね。

旦那さんやお子さんの事も注目されているのですが、小島さんの母親やお姉さんとの確執の真相に注目が集まっているそうです。

では、小島さんの母親やお姉さんとの確執の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小島さんは母親やお姉さんと子供の頃から確執があったのだそうです。

まず、小島さんの生い立ちや家族についてなのですが、小島さんは父親が商社で働いていて母親は専業主婦でお姉さんがいるのだとか。

そして、小島さんはオーストラリアで生まれ、7歳の時にシンガポールに引っ越しをして、8歳の頃には香港で暮らしていたのだそうです。

その後は日本に帰国し日野市三沢台小学校から学習院中学、高校に進学したのだとか。

お受験をして学習院中学に通うようになったそうなのですが、学習院は偏差値が69と言われていて名門中の名門校ですよね。

なので、小島さんはかなり裕福な家庭で育って育ちも良いと言えそうなのですが、実は子供の頃から母親との間に確執を抱えていたのだとか。

小島さんは小学生の頃から母親の絵を描いたりしても

「ママ、こんな髪形してないわ」

と言われたりして、あまり褒められたことがないのだそうです。

さらに、小島さんは子供の頃から母親に

「一部上場企業に勤める男性と結婚することこそが女性にとっての幸せ」

ということを何度も言われて育ったのだそうです。

さらに、小島さんは母親に友人の話をすると、母親はその友人の父の職業まで調べていたのだとか。

スポンサーリンク


さらに、小島さんは周囲の目を気にして生きる母親に憑依されていると感じることもあって、子供の頃からかなり大変な思いをしていたのだそうです。

そんな母親を小島さんは毒親とも表現しているのですが、小島さんのお母さんは子供の頃に寝たりだったので、周囲の人との接し方がわからずに、ついキツイ物言いをしてしまうことが多いのだとか。

なので、そうした母親に育てられた小島さんは精神的にかなり追いつめられるようにもなっていたのだそうです。

小島さんはそんな母親と衝突することも多かったそうなのですが、母親の作った料理を食べた後に吐いたりするようになってしまったのだとか。

そうしたことから、小島さんは15歳で摂食障害になってしまったそうなのですが、小島さんのお母さんは小島さんが嘔吐をして自宅のトイレなどを汚してしまった時には、心配するよりも嫌悪感をあらわにすることもあったのだそうです。

また、小島さんが嘔吐などで下水管を詰まらせた時にも

「トイレもいつも汚すから匂うし、やめてちょうだい」

と文句を言われることもあって、小島さんの心配をすることは一切なかったのだとか。

こうしたことが子供の頃からずっと続いていたということで、小島さんと母親の間に確執ができてしまうというのもうなずけますよね。

また、小島さんはアナウンサーになっても小島さんの仕事ぶりについて文句を言うことが多く、母親からFAXが大量に送られてくることもあったのだそうです。

こうしたこともあって、小島さんは母親に精神的に苦しめられて育ったそうなのですが、小島さんはこうした事をエッセイ本「解縛」の中で明かしているのだとか。

また、小島さんにはお姉さんがいるのですが、そうした環境が影響してか小島さんが15歳の時には家を出てしまったのだそうです。

なので、お姉さんも母親との確執を抱えていたそうなのですが、もしかすると小島さんと姉の間にも確執があったかもしれませんね。

お姉さんの方から小島さんのお母さんや小島さんと絶縁している可能性も高そうなのですが、家族間でかなり大きな問題があったことがわかります。

スポンサーリンク


また、実は小島さん自身も母親と絶縁をしていた期間があることも明かしているそうです。

次男を出産した小島さんは育児カウンセリングを受けて、

「母と家族子供への抑圧された思いがある」

と診断され、そうしたことから母親との絶縁を決めたのだとか。

ただ、小島さん自身が子育てをする内に、そんな母親のことも理解できるようになって次第に親子関係も修復したと言われているそうです。

母親とはある程度距離を置いて付き合うようになってちょうどいい関係を築けているそうなのですが、小島さんの母や姉との確執の衝撃の真相ですよね。

そうしたこともあって現在はお母さんとの関係も良いようなのですが、また再び関係がこじれたりしないように気を付けて欲しいものです。

ヒステリーを起こして感情的になったりする性格から嫌いと言われて話題になった小島さんなのですが、母親とは確執を抱えていてその真相が注目されるなどしていて、今後もそんな小島さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・小島慶子が病気だと噂される理由や病名がヤバイ!?伊集院静を激怒させた驚きの理由とは!?

・小島慶子の若い頃の活躍や美貌と劣化の歴史がヤバイ!?旦那との驚きの私生活とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ