津川雅彦の若い頃の活躍と昔のルックスがヤバイ!?娘の誘拐事件の衝撃の真相とは!?

1950年代から俳優として活動しているのが津川雅彦さんですよね。

津川さんは若くしてスターとなって大活躍しています。

そんな津川さんなのですが、若い頃の活躍と昔のルックスが話題になっているそうです。

さらに、津川さんの娘の誘拐事件にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:津川 雅彦(つがわ まさひこ)
本名:加藤 雅彦(かとう まさひこ)
生年月日:1940年1月2日(77歳)
出生地:京都府
身長:171cm
血液型:O型
所属:グランパパプロダクション

・1945年:映画「狐の呉れた赤ん坊」に出演する。
・1956年:映画「狂った果実」に出演する。
・1973年:朝丘雪路と結婚する。
・1974年:娘の真由子が生まれる。
・2006年:マキノ雅弘名義で映画「寝ずの番」で監督デビューする。
・2017年:ドラマ「やすらぎの郷」に出演する。

津川雅彦の若い頃の活躍と昔のルックスがヤバイ!?

津川雅彦さんは大物俳優として知られていますよね。

戦後すぐに俳優として活動するようになって、これまでに様々な作品に出演してきました。

そんな津川さんなのですが、若い頃の活躍と昔のルックスが話題になっているそうです。

では、津川さんの若い頃の活躍と昔のルックスとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、津川さんは10代の頃から映画で主演を務めるなど大活躍をしていて、当時はかなりのイケメン俳優として人気だったのだそうです。

ちなみに、津川さんは子供の頃から子役として映画に出演をしていて、1945年の映画「狐の呉れた赤ん坊」で映画デビューしているのだとか。

さらにその後も「東京特急四列車」、「逃亡者」、「天狗飛脚」などの映画に出演していたそうです。

さらに、1950年代に入ってからも「乞食大将」、「ひよどり草紙」、「武蔵と小次郎」などに出演し、1956年の映画「狂った果実」で大ブレイクをしているのだとか。

当時の津川さんはまだ16歳だったそうなのですが、子役の頃から経験を積み16歳で大ブレイクするというのは凄いですよね。

「狂った果実」で大人気となった津川さんは日活の看板俳優となり、この他にも「夏の嵐」や「人間魚雷出撃す」などに出演していたそうです。

また、下の画像が若い頃の津川さんになるのだとか。

今も渋くてイケメンですが、昔の津川さんもかなりのイケメンで人気になるのも納得ですよね。

スポンサーリンク


その後も津川さんは1960年の「伊豆の踊子」や「バナナ」、「太陽の墓場」などに出演していたのだとか。

さらに、1958年の「息子の縁談」を皮切りにドラマにも多く出演をして、「クライマックス」や連続テレビ小説「うず潮」や「おはなはん」などに出演していたそうです。

また、1968年には「大河ドラマ「竜馬がゆく」などにも出演をしていたのだとか。

そして、現在も俳優として大活躍している津川さんなのですが、若い頃の活躍と昔のルックスがヤバイですよね。

年齢を重ねて味のある存在感や演技が人気の津川さんなので、今後も俳優として大活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

津川雅彦の娘の誘拐事件の衝撃の真相とは!?

芸能人は様々なことで話題になることが多いですよね。

私生活の事でお騒がせすることもあるのですが、津川雅彦さんの娘さんの誘拐事件に注目が集まっているそうです。

では、津川さんの娘さんの誘拐事件の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、津川さんはかつて娘さんが誘拐されてしまったことがあるのだそうです。

津川さんは女優の朝丘雪路さんとの間に長女の真由子さんをもうけていることが知られていますよね。

しかし、そんな真由子さんはかつて誘拐されてしまったことがあるのだとか。

1974年に生後五か月の真由子さんが誘拐されてしまって、犯人から身代金500万円が要求されたのだそうです。

津川さんは犯人から指定された銀行に150万円を支払い、すぐに警察が犯人特定の捜査を開始したのだとか。

警察が銀行などを徹底的に調べていくうちに、翌日にお金をおろしていた男性が怪しいことがわかり、犯人を逮捕することに成功したのだそうです。

当時の銀行のATMからお金を引き出していたことから、カード番号や暗証番号を元に犯人を逮捕することができたのだとか。

誘拐された真由子さんは千葉県の犯人のアパートにいるところを無事保護されたそうなのですが、津川さんの娘さんの誘拐事件の衝撃の真相ですよね。

ちなみに、犯人は23歳の男性で週刊誌などから津川さんの自宅の情報を得て犯行に及んだのだそうです。

誘拐された真由子さんは危害も加えられておらずに元気なまま戻ってきて、その後も津川さん夫婦に育てられたのだとか。

ただ、この誘拐事件が起きた事について、マスコミは子供が生まれたことを宣伝に使っていたとして津川さんを批判する記事を多く書くなどしていたのだそうです。

なので、この件を機に津川さんはマスコミやジャーナリズムに不信感を持つようになったのだとか。

被害者にも関わらず、そのようにマスコミから批判されてしまったということで、津川さんがマスコミに不信感を抱くようになったというのも納得ですよね。

スポンサーリンク


そして、そのように子供の頃に誘拐された真由子さんなのですが、大人になってからは女優デビューをして朝丘さんと一緒にテレビに出演したりしているのだそうです。

さらに、2000年頃から女優として本格的に活動するようになって「サラリーマン金太郎3」、「天国の階段」、「功名が辻」などに出演しているのだとか。

現在の真由子さんは老人性認知症を患っている朝丘さんの介護をしているとも言われているそうなのですが、今後津川さんと映画やドラマなどで共演することがあるかもしれませんね。

子役として活躍し、日活の看板俳優となるなど、その若い頃の活躍とルックスが話題になった津川さんなのですが、娘の真由子さんが誘拐されてその誘拐事件の真相も注目されていて、今後もそんな津川さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・津川雅彦の現在の活動状況と死去の噂の真相がヤバイ!?嫁との馴れ初めや派手な浮気歴がヤバイ!?

・朝丘雪路(津川雅彦の嫁)の現在の認知症の進行度合いが悲惨過ぎる!?息子を巡る離婚の過去がヤバイ!?

・朝丘雪路(津川雅彦の嫁)の若い頃の活躍と昔の美貌がヤバイ!?父親やお嬢様エピソードの驚きの実態とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ