朝丘雪路の若い頃の活躍と昔の美貌がヤバイ!?父親やお嬢様エピソードの驚きの実態とは!?

ドラマや映画に多く出演し、バラエティ番組にも多く出演していたのが朝丘雪路さんですよね。

朝丘さんの天然なところなどがバラエティ番組で大人気でした。

そんな朝丘さんなのですが、若い頃の活躍と昔の美貌が話題になっているそうです。

さらに、朝丘さんの父親やお嬢様エピソードの実態にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:朝丘 雪路(あさおか ゆきじ)
本名:加藤 雪会(かとう ゆきえ)
生年月日:1935年7月23日(81歳)
出生地:東京都
所属:朝丘雪路事務所

・1952年:宝塚歌劇団に入団する。
・1955年:宝塚歌劇団を退団する。
・1967年:医師と結婚する。
・1968年:医師と離婚する
・1973年:津川雅彦と結婚する。
・1974年:長女の真由子を出産する。
・2014年:芸能活動を休止する。

朝丘雪路の若い頃の活躍と昔の美貌がヤバイ!?

朝丘雪路さんは女優、日本舞踊の家元として活躍していますよね。

さらに、朝丘さんはタレントとしても若い頃から大活躍しています。

そんな朝丘さんなのですが、若い頃の活躍と昔の美貌が話題になっているそうです。

では、朝丘さんの若い頃の活躍と昔の美貌とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、朝丘さんは宝塚歌劇団に入団して大活躍し、その後に女優として活動するようになったのだそうです。

朝丘さんはかなり裕福な家庭で育ち、3歳の頃から日本舞踊を習うなどしていたのだとか。

そして、中学校卒業と同時に宝塚音楽学校に入学し、1952年に学校を卒業して宝塚歌劇団に入団しているのだそうです。

宝塚歌劇団に入団した朝丘さんは月組に所属し娘役として大活躍をしていたのだとか。

下の画像が宝塚時代の朝丘さんなのですが、まさタカラジェンヌの王道を行くルックスですよね。

ただ、そのように娘役として活躍していた朝丘さんなのですが、1955年に宝塚歌劇団を退団し、その後は女優として映画やドラマに多く出演するようになったのだそうです。

朝丘さんは1958年に「千万長者の恋人より踊る摩天楼」に出演し、1958年には「眼の壁」、1959年には「ある落日」などに出演していたのだとか。

また、1962年には「金色夜叉」に出演し、1963年にはNHKのドラマ「花の生涯」に出演するなど大活躍をしていたそうです。

そして、そのように女優として活動をしていた朝丘さんはタレントとしても活動をするようになったのだとか。

朝丘さんはタレントとして大橋巨泉さんと「11PM」などの人気番組に出演して活動していたのだそうです。

「11PM」は若者を中心として人気となり、朝丘さんはお茶の間でも親しまれるようになったのだとか。

スポンサーリンク


そしてその後の朝丘さんは、1967年に医師と結婚をしてお子さんを一人もうけているのだそうです。

しかし、津川雅彦さんとの不倫報道などが出てしまったために離婚をして再び女優として活動をするようになったのだとか。

女優業を再開させた朝丘さんは、1968年に「道頓堀」に出演し、1970年には「潮風の女」や「姿三四郎」に出演し、その後も「必殺仕置き人」、「座頭市物語」、「北斗物語」などに出演していたのだそうです。

このように朝丘さんの経歴を見ると若い頃から宝塚で活躍し、その後もタレント、女優として活動をしていたのですが、朝丘さんの若い頃の活躍と昔の美貌がヤバイですよね。

1970年代以降も朝丘さんは映画、ドラマに多く出演し「男はつらいよ花も嵐も寅次郎」などに出演をしていて大ヒット作品に多く出演をしているのだとか。

さらに、3歳から始めた日舞についても深水流家元として活躍するなどしていて、様々なジャンルで活躍していたそうです。

現在は病気のために芸能活動を休止しているのですが、症状が良くなれば再び朝丘さんが芸能活動を再開するかもしれませんね。

スポンサーリンク

朝丘雪路の父親やお嬢様エピソードの驚きの実態とは!?

芸能人の中には実家がかなりのお金持ちという人も多いですよね。

朝丘さんもかなりのお嬢様として育てられたことが知られているのですが、そんな朝丘さんの父親やお嬢様エピソードに注目が集まっているそうです。

では、朝丘さんの父親やお嬢様エピソードの実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、朝丘さんは有名画家の元に生まれ、お嬢様として育てられたので様々なエピソードを持っているのだそうです。

朝丘さんは日本画家の伊東深水さんと料亭「勝田」の女将さんの勝田麻起子さんとの間に生まれているのだとか。

勝田さんは伊東さんの妾だったので朝丘さんは非嫡出子として生まれているのですが、伊東さんから溺愛されて育てられたのだそうです。

非嫡出子ながらも伊東さんにとって朝丘さんは女の子ということもあって、かわいくて仕方なかったのかもしれませんね。

そして、そんな朝丘さんの父親の伊東さんなのですが、様々な女性をモデルに美人画を描いていて戦後を代表する日本画家として知られているのだそうです。

伊東さんはわずか15歳で第12回選画会展に初入選し、その後も18歳で第9回分展に初入選するなど10代の頃から大活躍していたのだとか。

大人になってからも深水画塾を設立し、人物画の再興のために「青々会」を設立するなどしていたのだそうです。

また、伊東さんは1948年には「第4回日本芸術学院賞」を受賞していて、1972年に死去するまで様々な美人画を描いていたのだとか。

なので、そんな伊東さんを父に持つ朝丘さんは家にはお手伝いさんが何人もいて、学校に通う時には人力車で教育係と一緒に通うなど裕福な暮らしをしていたのだとか。

これだけでも物凄いお嬢様ということがわかりますよね。

さらに、この他にも朝丘さんのお嬢様エピソードとして子供の頃からお金を自分で使ったことがないので、大人になっても一万円札しかお金は存在しないと思っていたそうです。

なので、小銭は使えないものだと思って引き出しにしまっていたこともあるのだとか。

また、傘をさすのは危ないということで傘をさすのはもちろん、傘を自分で持ったこともないのだそうです。

さらに、食事の時には小魚の目が怖いと言って、家にいるお手伝いさんが小魚の目を一つ一つ取り除くなどしていたのだとか。

スポンサーリンク


さらに、朝丘さんはこれまでに人生で海に入ったことがないのだそうです。

朝丘さんの両親が海は危険だと言っていたことから一度も海に入ったことがないそうなのですが、朝丘さんの父親やお嬢様エピソードの驚きの実態ですよね。

こうしたエピソードから朝丘さんは相当な家柄に生まれたということがわかるのですが、そのようにお嬢様として育ったこともあって、朝丘さんはいくつになってもおっとりとしていてお嬢様らしいふるまいをしているのだそうです。

なので、津川雅彦さんと結婚をしてもそれは変わらずに、主婦として料理や洗濯をしたことがないのだとか。

さらに、朝丘さんは長女の真由子さんを生んでも子育てはほとんど乳母にまかせていたのだとか。

現代だと滅多にお目にかかれないお嬢様ぶりなのですが、朝丘さんのそうした浮世離れしたところがバラエティ番組などで人気となっていますよね。

現在は病気療養中の朝丘さんなので今後は娘さんの真由子さんが朝丘さんのお嬢様エピソードなどを披露してくれるかもしれませんね。

3歳から日舞を習って宝塚影劇団の娘役として活動をして、その後はタレントや女優として活躍するなど、若い頃の活躍と美貌が話題になった朝丘さんなのですが、日本画家の伊東深水さんを父に持ち裕福な家庭で育ったためにそのお嬢様エピソードも注目されていて、今後もそんな朝丘さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・朝丘雪路の現在の認知症の進行度合いが悲惨過ぎる!?息子を巡る離婚の過去がヤバイ!?

・津川雅彦(朝丘雪路の旦那)の若い頃の活躍と昔のルックスがヤバイ!?娘の誘拐事件の衝撃の真相とは!?

・津川雅彦(朝丘雪路の旦那)の現在の活動状況と死去の噂の真相がヤバイ!?嫁との馴れ初めや派手な浮気歴がヤバイ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ