伍代夏子の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?病気のその後や余命もヤバイ!?

演歌歌手として活躍しているのが伍代夏子さんですよね。

伍代さんは紅白歌合戦に出場するなど大活躍しています。

そんな伍代さんなのですが、若い頃の活躍や昔の顔が話題になっているそうです。

さらに、伍代さんの病気のその後や余命にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:伍代 夏子(ごだい なつこ)
本名:山田 輝美(やまだ てるみ)
誕生日:1961年12月18日(55歳)
出身地。東京都
身長:160cm
血液型:A型
所属:ソニーミュージックダイレクト

・1982年:星ひろみとして「恋の家なき子」で歌手デビューする。
・1985年:加川有希に改名する。
・1986年:中川輝美に改名する。
・1987年:伍代夏子に改名する。
・1990年:「忍ぶ雨」で第41回紅白歌合戦に出場する。
・1999年:杉良太郎と結婚する。
・2010年:C型肝炎を患っていることを公表する。

伍代夏子の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?

伍代夏子さんは演歌歌手として様々な楽曲をリリースしていますよね。

コンサートはもちろんテレビ出演なども多くしていて大人気です。

そんな伍代さんなのですが、若い頃の活躍や昔の顔が話題になっているそうです。

では、伍代さんの若い頃の活躍や昔の顔とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、伍代さんはかつてポップスの歌手として活躍していて、当時から美人歌手として大人気だったのだそうです。

伍代さんは1982年に星ひろみ名義で「恋の家なき子」という楽曲で歌手デビューしているのだとか。

当時の伍代さんはポップス歌手としてデビューしているので、ルックスなども現在とは全く違っていますよね。

ただ、昔から美人歌手として知られていて人気だったのだとか。

また、そのように星ひろみとして歌手デビューした伍代さんは、1985年に加川有希に改名して「夜明けまでヨコハマ」や「ロマンティックしましょう」という曲をリリースしているのだそうです。

ただ、この加川有希という名前も3年ほどで改名をしていて、その後の1986年には本名の中川輝美に改名しているのだとか。

このように伍代さんは歌手デビューして以来何回も改名をしているようなのですが、ポップスの歌手としてはあまり売れなかったと言えそうですね。

スポンサーリンク


なので、何回も改名を繰り返していたことも納得なのですが、そんな伍代さんは1987年に伍代夏子として再デビューしているのだとか。

そして、この時から伍代さんは演歌歌手として活動するようになったのだそうです。

演歌歌手となった伍代さんは1990年に「忍ぶ雨」が大ヒットをして第41回紅白歌合戦に出場しているのだとか。

またその後もヒット曲を多くリリースした伍代さんは、連続で紅白歌合戦に出場していて「恋挽歌」、「雪中花」、「恋ざんげ」、「ひとり酒」などを披露しているのだそうです。

また、さらに伍代さんは1988年に第21回全日本有線放送大賞最優秀新人賞を受賞し、1989年には第22回全日本有線放送大賞特別賞を受賞しているのだとか。

さらに、1990年には第9回メガロポリス歌謡祭の演歌大賞女性部門、第16回全日本歌謡祭金賞を受賞しているのだそうです。

このように伍代さんは伍代夏子と改名して演歌歌手に転向してから大ブレイクをしているのですが、伍代さんの若い頃の活躍や昔の顔がヤバイですよね。

現在もコンサートやテレビ出演などをして活躍している伍代さんなので、今後も美人演歌歌手として大活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

伍代夏子の病気のその後や余命もヤバイ!?

伍代夏子さんは様々なことで注目されていますよね。

人気演歌歌手ということで話題になることが多いのですが、そんな伍代さんの病気のその後や余命に注目が集まっているそうです。

では、伍代さんの病気のその後や余命とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、伍代さんはC型肝炎を患っていたことがあったのだそうです。

伍代さんは2010年にC型肝炎を患っていることを公表したのだとか。

伍代さんがC型肝炎を患っているということで驚いた人も多かったそうなのですが、そもそもC型肝炎というのは

「C型肝炎ウイルス (HCV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。」

(Wikipediaより)

という病気なのだそうです。

伍代さんは新宿コマ劇場で一か月の座長公演を行うことから健康診断を受けた時にC型肝炎に感染していることがわかったのだとか。

当時の伍代さんは33歳だったそうなのですが、伍代さんがC型肝炎に感染した原因などはわかっていないのだそうです。

C型肝炎は輸血から感染することが多いと言われているのですが、伍代さんは輸血をしたことがないのだとか。

なので、その感染経路に心当たりはないそうなのですが、子供の頃に注射を受けた時に注射の使いまわしなどをされ、その時に感染したのじゃないかと言われているのだそうです。

そして、そのようにC型肝炎を患った伍代さんは2009年からインターフェロンという治療を受けているのだとか。

このインターフェロンは抗ウイルス治療で肝炎やガン治療などによく用いられている治療法なのだそうです。

なので、かなり効果の高い治療法なのですが、伍代さんはそのインターフェロンが効きづらい1型のタイプだったのだとか。

また、インターフェロンは高熱や貧血などの副作用も出てしまうと言われていて、伍代さんもインターフェロンの副作用の影響で高熱や貧血、息切れやめまいなどに襲われたのだそうです。

歌手としてステージに立っている時に副作用に襲われることもあったりしてかなり大変な状況なのだとか。

しかし、治療をしないとC型肝炎から肝臓がんになってしまう可能性が高いので、伍代さんは副作用が起きてもインターフェロンでの治療を続けていたのだそうです。

スポンサーリンク


また、そんな伍代さんは杉良太郎さんと結婚する時にもC型肝炎を抱えていることから結婚をためらっていたのだとか。

しかし、杉さんにC型肝炎のことを明かすと

「人生を歩いていくパートナーなんだから、二人で病気と闘って行こう」

と言われて結婚を決意したのだとか。

ただ、結婚後も伍代さんの状態がかなり大変な時も多くあって、伍代さんが仕事から自宅に帰ってくるとそのままバタっと倒れてしまうこともあったのだそうです。

なので、杉さんはそんな伍代さんがそのまま死んでしまうのじゃないかと思うことも多くあったのだとか。

ただ、C型肝炎は肝硬変に悪化してしまうと平均余命が10年と言われているものの、C型肝炎そのものは余命が宣告されるほどの病気じゃないそうです。

そして、そんな伍代さんはインターフェロンの治療の甲斐もあって、現在はC型肝炎は完治しているのだそうです。

C型肝炎が完治した伍代さんは疲れにくくなり、声も良く出るようになって歌手として全力で活動をすることができるようになったのだとか。

一時期は歌手として活動することも難しかったそうなのですが、伍代さんの病気のその後や余命がヤバイですよね。

現在の伍代さんは自身の経験などを様々なメディアで伝えていて、厚生労働省の「知って、肝炎」プロジェクトなどに杉さんと一緒に参加して啓もう活動を行っているのだそうです。

なので、今後もそうしたプロジェクトなどでC型肝炎の啓もう活動を行う伍代さんの姿が見られそうですね。

美人歌手としてデビューしたものの何度も改名を繰り返していてその若い頃の活動が話題になった伍代さんなのですが、C型肝炎であることを公表してその闘病の様子なども注目されていて、今後もそんな伍代さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・杉良太郎(旦那)のベトナムの養子の数が多すぎてヤバイ!?嫁の伍代夏子との驚きの馴れ初めとは!?

・杉良太郎(旦那)の若い頃の活躍や昔の経歴がヤバイ!?前妻との離婚理由に隠された衝撃の真相とは!?

このページの先頭へ