東ちづるの旦那の病気の名前や症状がヤバイ!?猫の大きさや値段もヤバイ!?

2時間ドラマなどに多く出演しているのが東ちづるさんですよね。

東さんはかつて「お嫁さんにしたい女優No.1」になったこともあります。

そんな東さんなのですが、旦那さんの病気の名前や症状が話題になっているそうです。

さらに、東さんの猫の大きさや値段にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:東 ちづる(あずま ちづる)
本名:堀川 智鶴(ほりかわ ちづる)
生年月日:1960年6月5日(57歳)
出生地:広島県
身長:160cm
血液型:AB型
所属:パオ

・1985年:タレントになる。
・1987年:「金子信雄の楽しい夕食」のアシスタントに就任する。
・1990年:ドラマ「愛してるよ!先生」に出演する。
・1999年:ドラマ「京都夜の祇園姉妹殺人事件」に出演する。
・2003年:堀川恭資と結婚する。
・2016年:ドラマ「おみやさんスペシャル」に出演する。

東ちづるの旦那の病気の名前や症状がヤバイ!?

東ちづるさんは女優として活動し、明るいキャラクターが人気ですよね。

以前からバラエティー番組などにも多く出演しています。

そんな東さんなのですが、旦那さんの病気の名前や症状が話題になっているそうです。

では、東さんの旦那さんの病気の名前や症状とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、東さんの旦那さんは国から難病指定をされている病気を患っているのだそうです。

東さんは2003年に和食店を経営している堀川恭資さんと結婚したのだとか。

ちなみに、東さんと堀川さんは結婚する8年も前から交際をしていたのだそうです。

かなり長い間交際していたようなのですが、そんな堀川さんは東さんよりも2歳年下で、和食店を経営している以外は詳しいプロフィールなどはわかっていないのだとか。

しかし、堀川さんはキャスティングコーディネーターなどの仕事をしていたこともあるとのことで、そうしたことから東さんと知り合ったのかもしれませんね。

そして、長らく交際をしてほぼ事実婚状態と言われていた東さんと堀川さんは、2003年にようやくの結婚となったのだとか。

ただ、そのようにようやく結婚をした東さんと堀川さんなのですが、堀川さんは結婚後にジストニア痙攣性斜頸(けいれんせいしゃけい)という病気を患っていることが発覚したのだそうです。

ジストニア痙攣性斜頸(頸部ジストニア)とは

「首が左右上下のいずれかに傾く、捻じれる、震えるといった不随意運動を引き起こす局所性ジストニアの一種」

(Wikipediaより)

という病気だそうなのですが、この病気は患者の80%が50代で発症し国から難病指定されているほどの病気なのだとか。

症状がひどい時には普通に話したりすることもできないそうなのですが、かなり深刻な病気ですよね。

堀川さんがゴルフに行った時にスイングがおかしいことに気が付いたことから、様々な病院に行って検査を受けたところ、ジストニア痙攣性斜頸ということがわかったのだそうです。

なので、堀川さんはジストニア痙攣性斜頸のせいで普通の生活を送ることができないようになってしまい、症状がひどい時には話すこともできない時があったのだとか。

かなり大変な状態だったということが想像できるのですが、東さんの旦那さんの病気の名前や症状がヤバイですよね。

また、堀川さんのジストニア痙攣性斜頸を治すために、東さんは夫婦で病院での治療はもちろん、東洋医学などの治療も行うなど様々な治療を試したのだそうです。

スポンサーリンク


そして、そうした治療の効果の甲斐があってか、現在の堀川さんはかなり症状が良くなったのだとか。

かつては車椅子で生活をしていた堀川さんは、現在は普通に歩いて散歩をしたり、車の運転をすることもできるようになったのだそうです。

こうした堀川さんの回復は主治医も驚いたほどだそうなのですが、それだけ東さんの献身的な介護や夫婦揃って様々な治療を行っていた成果が出たと言えそうですね。

ただ、そんな東さんと堀川さんなのですが、病気のこともあってか子供はもうけておらず現在も夫婦二人だけで暮らしているのだそうです。

女優として活躍している東さんなので、元々子供などを作る気がなかったのかもしれないのですが、やはり堀川さんの病気なども影響していそうですね。

ただ、難病を夫婦で乗り越えたということで、その絆は普通の夫婦よりも強いと言えそうですね。

スポンサーリンク

東ちずるの猫の大きさや値段もヤバイ!?

動物好きな芸能人は多くいますよね。

犬や猫などを飼っている事をテレビなどで公開している人も多いのですが、東ちづるさんも猫を飼っていて、その猫の大きさや値段に注目が集まっているそうです。

では、東さんの猫の大きさや値段とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、東さんはメインクーンという種類の猫を飼っていて、それはかなり大きい猫なのだそうです。

東さんは結婚後に夫婦で動物を飼おうということになり、犬と猫を飼うかで旦那さんと意見が分かれたのだとか。

なので、どうせなら「犬のような猫」を飼おうということで、メインクーンを飼うことにしたのだそうです。

メインクーンは猫の中でも一番大きな種類の猫で、猫にも関わらず人が近づいても逃げないのだとか。

さらに、メインクーンは性格的には穏やかで賢いと言われていて、猫であるもののまるで犬のような性質をしているそうです。

なので、メインクーンは東さん夫婦が飼いたいと思った「犬のような猫」にピッタリの猫なのだとか。

東さんは知り合いにメインクーンのブリーダーがいて、ちょうど生後三か月の子猫がいるので、それを2匹もらってきて飼うようにしたのだそうです。

東さんはオスをエイト、メスをゲットと名付けているそうなのですが、どちらも旦那さんの会社や東さんが理事長を務める一般社団法人から名前をとったのだとか。

そして、そのように東さんに育てられたエイトとゲットなのですが、現在は頭からしっぽまで約1メートルもあるのだそうです。

しっぽだけで40cmもあるそうなのですが、かなり大きいですよね。

メインクーンは全長128cmもある猫もいて、それはギネスに記録されたこともあるとのことで、どのメインクーンもかなり大きいのだそうです。

なので、1m近く大きくなるのはメインクーンの大きな特徴で、東さんの飼っている二匹のメインクーンもかなり大きくなっているようですね。

そして、メインクーンはオスで6~8kg、メスで4~6kgほどになり、ほとんどで平均寿命は11~14歳なのだそうです。

東さんのメインクーンは生後11か月の頃にすでに体重が8kgもあったそうなのですが、かなり成長が早そうですね。

スポンサーリンク


そして、そんなメインクーンの平均価格は15~30万円と言われているそうです。

さらに、メインクーンは毛が長いために年間8万円ほどの維持費がかかるとも言われていて、同時に「肥大型心筋症」と呼ばれる病気の危険もあるのだとか。

これは遺伝性の疾患だそうなのですが、そのために健康診断なども受けなければいけないそうです。

なので、飼うとなるとかなりお金と手間がかかるメインクーンなのですが、東さんの猫の大きさや値段がヤバイですよね。

こうした特殊な猫を飼っていることから東さんは様々なエピソードを明かしていて、東さんの家に来た人はエイトとゲットを見て必ず一度は驚き、後ずさりすることもあるのだそうです。

猫を見て驚いて後ずさりするというのはめったにないことなので面白いですよね。

ちなみに、エイトとゲットは猫にもかかわらずアライグマにも習性が似ていて水浴びが好きなのだとか。

これはメインクーン全般の習性になるそうなのですが、猫にしてはかなり変わっていますよね。

なので、メインクーンはかなり特殊な種類の猫ということがわかるのですが、そんなメインクーンは東さんにとって家族と同じ様な存在なのだそうです。

そうしたことから今後も東さんは旦那さんと一緒にそんな二匹の猫と幸せな生活を送っていきそうですね。

旦那さんがジストニア痙攣性斜頸にかかり、その症状が話題になった東さんなのですが、メインクーンという猫を飼っていてその大きさや値段も注目されるなどしていて、今後もそんな東さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・東ちづるの現在の顔が整形で激変しててヤバイ!?性格の実態やそれを示す驚きのエピソードとは!?

・東ちづるの若い頃の秘話や昔の美貌がヤバイ!?加納典明とのドロドロ不倫の真相がヤバイ!?

こんな記事も読まれています!!

このページの先頭へ