大竹一樹のかつら疑惑やハゲの進行がヤバイ!?メガネに隠された驚きの秘密とは!?

大竹一樹さんはさまぁ~ずのボケとして大活躍していますよね。

大竹さんのボケはもちろんそのファッションなども注目されています。

そんな大竹さんなのですが、かつら疑惑やハゲの進行が話題になっているそうです。

さらに、大竹さんのメガネに隠された秘密にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:大竹 一樹(おおたけ かずき)
本名:大竹 一樹(おおたけ かずき)
生年月日:1967年12月8日(50歳)
出身地:東京都
身長:170cm
血液型:O型
所属:ホリプロ

・1988年:バカルディを結成する。
・1991年:ドラマ「ルージュの伝言‎Vol.4」に出演する。
・2000年:さまぁ~ずに改名する。
・2002年:「さまぁ〜ずと優香の怪しい××貸しちゃうのかよ!!」に出演する。
・2011年:中村仁美と結婚する。
・2012年:第一子が生まれる。
・2015年:第二子が生まれる。

大竹一樹のかつら疑惑やハゲの進行がヤバイ!?

大竹一樹さんはお笑い芸人として大活躍していますよね。

三村マサカズさんとのコンビも仲が良くて息がピッタリです。

そんな大竹さんなのですが、かつら疑惑やハゲの進行が話題になっているそうです。

では、大竹さんのかつらやハゲとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、大竹さんはいつの頃からかハゲていると噂が立って、かつらをかぶっていると言われるようになったのだそうです。

大竹さんは現在も髪の毛がふさふさに見えますよね。

なのでハゲとは無縁に感じるのですが、実は大竹さんは隠れハゲということが言われていて、かつらを着用していると言われているそうです。

というのも、大竹さんはテレビに出演するたびに髪の毛の分け目が違っていることなどがあって、そうしたことからかつらを着用しているのじゃないかと言われるようになったのだとか。

確かに、大竹さんは年齢の割には髪の毛がかなり多くて、まるでかつらをかぶっているように見えることがありますよね。

特に相方の三村さんと比べるといかに髪の毛が多いかわかります。

なので、大竹さんの髪の毛が年齢の割には多くてふさふさで不自然に見えることから、本当はハゲていてかつらをかぶっていると言われるようになったのだとか。

いつから大竹さんがかつらをかぶっていると言われるようになったのかはわからないのですが、ハゲ疑惑が出てきたここ数年で言われるようになったと言えそうです。

スポンサーリンク


また、大竹さんはさまぁ~ずとして内村光良さんが監督をした「かづら」という映画に主演しているのですが、この映画は若ハゲに悩む主人公を三村さんが演じて、大竹さんはその主人公を助ける謎の店主役を演じているのだとか。

なので、そうしたこともあって大竹さんと「ハゲ」、「かつら」という言葉が多く検索されるようになったのだそうです。

さらに、大竹さんは撮影時には実際にかつらをかぶって撮影していたこともあるのだとか。

こうしたことから「かづら」に出演した影響で大竹さんがハゲてかつらをかぶっているということが言われるようになったとも言えるのですが、大竹さんのかつら疑惑やハゲの進行がヤバイですよね。

ただ、大竹さん自身はそのように言われているものの、現在も全くハゲてはおらずに、逆に髪の毛が多すぎて寝ている時に無意識に髪の毛を抜いていることがあると告白しているのだそうです。

なので、大竹さんがハゲているという事実はないようなのですが、いつの頃からかそうしたエピソードなどが曲解されてハゲていると言われてしまうようになったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

大竹一樹のメガネに隠された驚きの秘密とは!?

大竹一樹さんはメガネキャラとして知られていますよね。

大竹さんは若い頃からメガネをかけていてメガネがトレードマークとなっているのですが、そんな大竹さんのメガネに注目が集まっているそうです。

では、大竹さんのメガネに隠された秘密とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、大竹さんは実は伊達メガネでキャラ作りのためにメガネをかけているのだそうです。

大竹さんは1988年にバカルディを結成し、2000年にさまぁ~ずに改名して現在も活躍していますよね。

そんな大竹さんはバカルディとしてデビューする時に、事務所からキャラクターが薄いということが言われてしまったのだそうです。

さらに、相方の三村さんとも顔が似ていることから、コンビで変化をつけるために伊達メガネをつけることになったのだとか。

なので、それ以来大竹さんは伊達メガネをかけていて、現在もキャラ作りのためにメガネをかけているそうです。

大竹さんは本当に目が悪いのでメガネをかけていると思っている人が多いので、まさに大竹さんのメガネに隠された驚きの秘密ですよね。

ちなみに、下の画像がメガネなしの大竹さんになるのだとか。

確かに、メガネをかけていない大竹さんはこれといって大きな特徴がないように感じますよね。

現在もたまにメガネなしの素顔を公開しているのですが、メガネがないとやはり印象が薄いと言えそうです。

ただ、そのように当初はキャラ作りのために伊達メガネをかけるようになった大竹さんなのですが、現在は加齢のために本当に目が悪くなってきてしまってメガネが必要となってしまったのだとか。

現在の大竹さんは視力が0.4と言われていて、テレビに出演した時も裸眼だとスタジオにあるテレビモニターが見えないことも多いのだとか。

目を細めてようやく見えるようになるそうなのですが、大竹さんはその顔がいやらしいと言われているので、メガネをかけていやらしい顔を封印しているのだそうです。

スポンサーリンク


また、そんな大竹さんなのですが、現在大竹さんがかけているメガネはバンボーラというブランドのB-63というものになるのだとか。

このバンボーラのB-63は職人が手作りで作っているもので、バカルディ時代から長年愛用しているものになるそうです。

大竹さんがかけているメガネはフレームがブラック、ホワイト、イエローが三層になったもので値段は2万1000円なのだとか。

もはや大竹さんにとってこのメガネがトレードマークとなっているのですが、大竹さんの雰囲気にもピッタリですよね。

さらに大竹さんはテレビ番組の中でメガネの一大産地とも言われる鯖江にメガネ作りに行ったこともあるそうなのですが、やはり長年使用しているバンボーラが一番しっくりくるのか現在もこれを使用しているようです。

ただ、メガネマニアとも言われている大竹さんなので、バンボーラ以外にも多くのメガネを所有しているそうなので、今後も服装や状況に応じて色んなメガネをかけている姿を見せてくれるかもしれません。

若ハゲを題材にした映画にコンビで主演したことから、かつら疑惑やそのハゲの進行などが話題になった大竹さんなのですが、メガネはキャラ作りのための伊達メガネということを明かしてそのメガネに隠された秘密も注目されていて、今後もそんな大竹さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・大竹一樹の自宅マンションが豪華過ぎてヤバイ!?梨花とファッションで盛り上がった驚きの過去とは!?

・中村仁美(嫁)の現在の活動状況や劣化がひどい!?実家や鬼嫁の衝撃の実態とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ