アジャコングのすっぴん素顔やバレンティンとの関係がヤバイ!?ブル中野への驚きのトラウマとは!?

女子プロレスラーの中でもパワフルなファイトスタイルで人気なのがアジャコングさんですよね。

アジャコングさんは「アジアのキングコング」とも言われて活躍しています。

そんなアジャコングさんなのですが、すっぴんの素顔やバレンティンさんとの関係が話題になっているそうです。

さらに、アジャコングさんのブル中野さんへのトラウマにも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:アジャコング(あじゃこんぐ)
名前:宍戸 江利花(ししど えりか)
生年月日:1970年9月25日(47歳)
出身地:東京都
身長:165cm
血液型:O型
所属:OZアカデミー女子プロレス

・1986年:プロレスラーとしてデビューする。
・1990年:ジャングルジャックを結成する。
・1997年:全日本女子プロレスを脱退する。
・1992年:WWWA世界シングル王座を獲得する。
・2006年:OZアカデミー女子プロレスに所属する。

アジャコングのすっぴん素顔やバレンティンとの関係がヤバイ!?

アジャコングさんは80年代からヒールレスラーとして大活躍していますよね。

100kgもの巨体を活かしたプロレスが大人気です。

そんなアジャコングさんなのですが、すっぴん素顔やバレンティンさんとの関係が話題になっているそうです。

では、アジャコングさんのすっぴん素顔やバレンティンさんとの関係とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、アジャコングさんはすっぴんを披露していて、野球選手のバレンティンさんに似ているとも言われているそうです。

アジャコングさんは普段はかなり派手なメイクをして試合をしていますよね。

テレビに出演する時などもメイクをしていて、アジャコングさんのトレードマークになっています。

アジャコングさんはヒールレスラーということでこうしたメイクをしているのですが、実はアジャコングさんはメイクをとったすっぴんなども披露してるのだとか。

下の画像がアジャコングさんの素顔になるそうなのですが、普段、メイクをしている時とは印象が違いますよね。

なので、そうしたギャップもあってか、素顔のアジャコングさんは意外とかわいいということも言われているそうです。

ちなみに、そんなアジャコングさんは本名を宍戸江利花といい、父親がアフリカ系アメリカ人のハーフなのだとか。

なので、顔の作りや体型などが日本人離れしているのも当然で、そうしたところがプロレスラーとして存分に活かされているとも言われているそうです。

確かに、プロレスラーとしてのアジャコングさんの活躍を見ると、それも納得ですよね。

スポンサーリンク


また、そんなアジャコングさんはプロ野球選手のウラディミール・バレンティンさんに似ているとも言われているのだとか。

バレンティンさんも黒人の血が入っているということで、アジャコングさんと顔が似ているというのは当然とも言えるのですが、アジャコングさん自身もバレンティンさんと顔が似ていることを認めているそうです。

アジャコングさんは新聞やテレビの取材にも野球のユニフォームを着て応じることがあるそうなのですが、明るい性格をしているアジャコングさんなので、バレンティンさんに似ていると言われることも自らネタにしているようですね。

さらに、アジャコングさんはバレンティンさんが活躍しているのを見ると嬉しいとも語っているそうなんですが、アジャコングさんのすっぴん素顔やバレンティンさんとの関係がヤバイですよね。

今後もそんなアジャコングさんは、バレンティンさんに似ていることやヒールレスラーとして様々なことで注目されていきそうです。

スポンサーリンク


アジャコングのブル中野への驚きのトラウマとは!?

アジャコングさんはヒールレスラーとして大活躍していますよね。

独特のオーラとプロレススタイルが女子プロレス界でも大注目されています。

そんなアジャコングさんなのですが、ブル中野さんへのトラウマについて注目が集まっているそうです。

では、アジャコングさんのブル中野さんへのトラウマとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、アジャコングさんはプロレススタイルを巡ってブル中野さんとケンカをしていたことがあると言われていて、その影響で断絶に近い関係となってしまったのだそうです。

アジャコングさんは1986年に全日本プロレスに入門していて、そこからヒール軍団「獄門党」の一員となってブル中野さんの付き人になったのだとか。

なので、プロレス入門時からアジャコングさんはブル中野さんに公私に渡って可愛がられていたのだそうです。

スポンサーリンク


ただ、アジャコングさんがプロレス入りした頃には極悪同盟も末期と言われていて、中心人物のダンプ松本さんが引退するなどして女子プロレス界も大きく変化している時期だったのだとか。

なので、アジャコングさんもダンプ松本さんのようなヒールとは違った明るいキャラクターのヒールになろうと様々な挑戦をしていたのだそうです。

しかし、そんなアジャコングさんにブル中野さんは苦言を呈するなどしていて、次第に二人は仲が悪くなっていってしまったのだとか。

当時はすでにアジャコングさんの新しいヒールスタイルが人気になっていたのですが、そうしたこともあって全日本女子側がブル中野さんに

「アジャはもうお前のことを辞めさせるって言っている」

と周囲が勝手に誤解させるようなことを言ってしまい、ブル中野さんとの仲が決定的に決裂してしまったと言われているそうです。

アジャコングさん自身はブル中野さんとの関係を修復しようとしていたのですが、それも上手くいかずに最終的にアジャコングさんは「獄門党」を離脱してしまったのだとか。

スポンサーリンク


そして、その後のアジャコングさんはジャングルジャックを結成して、ブル中野さん率いる「獄門党」との抗争が始まってしまったのだそうです。

ちなみに、この抗争は金網デスマッチを行ったり、アジャコングさんが盲腸の手術後1週間ほどで試合を行って大出血したり、竹刀が粉々になるまで叩かれたりとプロレス界でも珍しいほどの過激な試合を行うようになったのだとか。

特に、アジャコングさんとブル中野さんが1990年に行った金網デスマッチはお互いに殺し合うつもりでやっていたとも明かしていて、今でも伝説に残る試合となっているそうです。

最終的に1992年にアジャコングさんとブル中野さんが「WWWA世界シングル王座」をかけて試合を行って、アジャコングさんが勝利してこの抗争は決着したのだとか。

この試合で遺恨決着とも言われたのですが、女子プロレス界に残る抗争になったのだそうです。

スポンサーリンク


また、そのように不仲から抗争が勃発したアジャコングさんとブル中野さんなのですが、かつてアジャコングさんはブル中野さんとお酒を飲みに行ってビール大瓶50本を飲んだこともあったのだとか。

大酒飲みとして知らているアジャコングさんもこの時は翌日にひどい二日酔いになってしまい、翌日にあったイベントは大変なことになってしまったのだそうです。

この時の事がトラウマになってしまってアジャコングさんは現在もビールが飲めないそうなのですが、ものすごい酔い方をしたようですね。

ただ、その時にブル中野さんも二日酔いになったものの、完璧にイベントをこなすなどしていて、そんなブル中野さんにアジャコングさんはプロレスラーとしてはもちろん、一人の女性として大尊敬をしていることを明かしているそうです。

なので、抗争などがあったものの、アジャコングさんにとってブル中野さんは今も頭のあがらない先輩と言えそうですね。

すっぴんを披露していてバレンティン選手に似ているとして話題になったアジャコングさんなのですが、先輩レスラーのブル中野さんとヒールスタイルを巡って抗争となり、お酒の飲み過ぎでトラウマができたことなども注目されていて、今後もそんなアジャコングさんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・アジャコングの今現在の仕事と結婚や子供など私生活がヤバイ!?性格の驚きの実態とは!?

・ブル中野の現在の姿が激やせでヤバイことに!?北斗晶との関係や悪役での稼ぎがヤバイ!?

・ブル中野と夫の馴れ初めがヤバイ!?引退興行の衝撃の裏側とは!?

このページの先頭へ