小保方晴子の現在の顔がSTAP整形で昔と今で激変しててヤバイ!?旦那や家族離散など驚きの現状とは!?

STAP細胞を発見し、一躍時の人となったのが小保方晴子さんですよね。

STAP細胞の真偽について大きく報道されるなどして、さらに大きな話題となりました。

そんな小保方さんなのですが、現在の顔がSTAP細胞を使った整形で昔と今で激変していると話題になっているそうです。

さらに、小保方さんの旦那さんや家族離散などの現状にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:小保方 晴子(おぼかた はるこ)
本名:小保方 晴子(おぼかた はるこ)
生年月日:1983年9月25日(34歳)
出身地:千葉県
身長:163cm
血液型:非公開
所属:無所属

・2011年:理化学研究所に入所する。
・2014年:STAP細胞を発表する。
・2015年:理化学研究所を退所する。
・2016年:「あの日」を出版する。

小保方晴子の現在の顔がSTAP細胞を使った整形で昔と今で激変しててヤバイ!?

小保方晴子さんはSTAP細胞の発見で一気に世間の注目を集めましたよね。

週刊誌が小保方さんのことを取材するなどメディアの報道も過熱していました。

そんな小保方さんなのですが、現在の顔がSTAP細胞による整形で昔と今で激変していると話題になっているそうです。

では、小保方さんの現在の顔とSTAP細胞や整形の関係というのは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小保方さんは顔が変わったと言われていて、それは整形をしたからと言われているそうです。

小保方さんは2014年にSTAP細胞の論文を投稿し、「リケジョ」とも言われて大注目されましたよね。

メディアにも大きく取り扱われて美人研究者として話題になりました。

なので、当時の小保方さんのルックスなどを覚えている人も多いのですが、その後、論文をコピペしたということや、STAP細胞が本当にあるかどうかなど様々な疑惑が出てきてしまって理化学研究所を退所し、研究なども停止したのだそうです。

スポンサーリンク

小保方晴子の婦人公論画像が別人過ぎてヤバイ!?昔の写真よりかわいい!?

そのため、その後、小保方さんは公の場に出て来ることはほとんどなかったのですが、2018年3月20日に「婦人公論」の連載で久しぶりのその姿を見せたのだとか。

現在の小保方さんは髪の毛も短くなって大人っぽくなったと言われていて、かなり見た目が変わったと言われているそうです。

昔よりも可愛くなったと言われているものの、同時に整形をしたということなども言われているのだとか。

小保方さんが整形で顔を変えたのは目と鼻だと言われていて、目が大きくなって鼻が高くなったと言われているそうです。

目を大きくする整形は目頭切開、鼻を高くするのは鼻プロテーゼになるのですが、それぞれ25万円、35万円ほど料金がかかるのだとか。

小保方さんはこうした整形の手法で顔を変えたと言われているそうなのですが、現在の小保方さんの画像を見るとそうしたことを感じる人も多そうです。

スポンサーリンク


ただ、これについてはあくまで噂で、小保方さんの顔が変わったのはメイクや髪形を変えたのと、少し痩せたからなのじゃないかとも言われているのだとか。

小保方さんは2016年に瀬戸内寂聴さんと対談をした時も顔が変わったと言われていたそうなのですが、研究員時代と比べると髪形などが違うのでかなり印象が違っていて、そこから顔が違うと言われてしまうようです。

また、小保方さんはもともと顔がでかいなども言われていたそうなのですが、そうしたことからブサイクという声も見られたのだそうです。

しかし、同時に可愛いとも言われていて、そんな小保方さんがメイクなども変えて少し痩せたことから顔つきも変わったので、整形をしたと勘違いされてしまうほど印象が変わったのかもしれません。

スポンサーリンク


なので、小保方さんが自ら見つけたと言われたSTAP細胞を使って画期的な整形をしたわけではないようです。

このように、久しぶりにメディアに登場した小保方さんの顔を巡り新たな疑惑が持ち上がったのですが、小保方さんの現在の顔とSTAP細胞による整形の関係がヤバイですよね。

小保方さんは若い頃の画像などからすっぴんも話題になっているのですが、顔そのものは現在も変わっていないと言われているそうです。

現在の小保方さんのメイク方法などについては公開されていないようなのですが、今後メディアなどに露出が増えるとメイク方法なども明かしてくれるかもしれませんね。

ただ、何かと注目されてしまう小保方さんなので、引き続き整形疑惑などが言われてしまうかもしれません。

スポンサーリンク


小保方晴子の現在(2018)の旦那や家族離散など驚きの現状とは!?自宅や仕事についても

小保方晴子さんは「リケジョ」として様々なことで注目されましたよね。

小保方さんの研究はもちろん、プライベートも注目されたのですが、そんな小保方さんの旦那さんや家族離散など現状について注目が集まっているそうです。

では、小保方さんの旦那さんや家族離散などの現状とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、小保方さんは旦那さんがいると噂されている一方で、家族が離散したとも言われているそうです。

小保方さんは2018年の現在、研究者として活動はしておらずに分筆家として活動しているのだとか。

婦人公論で連載を持ち、久しぶりに姿を見せているのですが、まるで別人のようだとも言われているそうです。

また、そんな小保方さんは2016年に「あの日」というSTAP細胞論文での騒動を綴った手記を発表しているのだそうです。

なので、現在は分筆業がメインで、印税収入などで生計を立てているのだとか。

スポンサーリンク

小保方晴子の現在の旦那は新井勝男!?笹井芳樹との本当の関係とは!?

また、小保方さんは結婚をして旦那さんがいるとも言われているそうなのですが、これについてはまったくのデタラメなのだそうです。

新井勝男さんという方が小保方さんの旦那さんだと言われているのですが、新井さんという男性が誰なのか分かっておらず、実際に小保方さんが結婚している事実はないのだとか。

また、小保方さんは理化学研究所の副センター長だった笹井芳樹さんと男女の関係だったということも噂されたのだそうです。

笹井さんは2014年に亡くなっているのですが、笹井さんとの関係についてもメディアが勝手に言い出したことで実際に二人がそうした関係だったかどうかはわかっていないのだとか。

小保方さんと笹井さんはあくまで理化学研究所の上司と部下という関係だったと言えそうなのですが、今も小保方さんと笹井さんの関係は注目されているそうです。

スポンサーリンク


また、そのように様々なことで注目されている小保方さんは神戸の三宮に自宅があったと言われているのですが、STAP騒動があったことから自宅にいられなくなってしまって、千葉県の実家に帰ったと言われているそうです。

また、小保方さんはそのように実家に帰ったと言われているものの、SATP騒動があったために家族が離散したということも噂されているのだそうです。

当時、千葉県にある小保方さんの実家は人気がほとんどないので誰も住んでいないとも言われていたそうなのですが、これについてははっきりとはわかっていないのだとか。

さらに、騒動が落ち着いた頃に小保方さんは母親と神戸で一緒に暮らしているということや父親は神奈川県にある会社の近くに単身で暮らしているとも噂されているそうです。

スポンサーリンク


こうした噂から家族が離散したと言われているそうなのですが、小保方さんの旦那さんや家族離散など驚きの現状ですよね。

ただ、これはすべて噂ということなので、本当のことはわからないようです。

現在の小保方さんがどこに住んでいるのかもわかっていないのですが、東京都内で暮らしている可能性は高そうなのだとか。

小保方さん自身が公の場に出て自身の事を話すことがほとんどないのでわからないことが多いのですが、今後、小保方さんが現在の状態について話してくれることがあるかもしれませんね。

顔つきが劇的に変わったので整形をしたと言われてその変化が話題になった小保方さんなのですが、旦那さんがいると言われて家族離散をしたとも言われてその現状も注目されていて、今後もそんな小保方さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・笹井芳樹の遺書の中身と暗殺など死因の衝撃の真相がヤバイ!?嫁や子供など家族の驚きの末路とは!?

このページの先頭へ