酒井若菜が患った膠原病はココが怖い!?症状や遺伝との関連!?

画像1女優だけでなく作家としても活動されている酒井若菜さん。

今月の25日には対談・エッセイ本「酒井若菜と8人と男たち」を発売されるのだとか。

どうやら、酒井さんは長文のブログが人気で、これまでにも小説やエッセイ集を出していたそうですね。

そしてそのエッセイ本で、実は酒井さんが膠原病と闘っていることが明かされたようです。

また、女性に多く見られる病のようですが、いったいどんな病気なのでしょう?

また、症状や遺伝との関係は?

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:酒井 若菜(さかい わかな)
生年月日:1980年9月9日(35歳)
出身地:栃木県
身長:158 cm
血液型:A型
所属:A-team

1995年:本名の酒井美幸でデビューしたが同時期に同音異字の酒井美雪がデビューしたため芸名を「酒井若菜」に変更。
2002年:女優業をメインに活躍。
2008年:小説『こぼれる』を発売。
2009年:写真集『月刊 酒井若菜』を発売。
2012年:エッセイ『心がおぼつかない夜に』を発売。
2016年:対談・エッセイ集『酒井若菜と8人の男たち』の中で、前年初めに膠原病を発症したことを明らかにした。

酒井若菜が患った膠原病はココが怖い!?

ドラマや映画で活躍されている酒井若菜さんですが、特に「バカ女」のキャラクターを演じることに定評があるようですね。

画像2

ただ、酒井さん自身は小説やエッセイを発売されるなど文才のある方のようで、実際に「バカ」なのかというとそういうわけでもないらしく、今月の22日には対談・エッセイ集『酒井若菜と8人の男たち』を発売されるのだとか。

画像3

なんでも、酒井さんが芸能界で親交のある男性との対談をまとめているとのことで、対談相手には板尾創路さん、岡村隆史さん、水道橋博士さん、ユースケ・サンタマリアさんなど豪華な方が揃っているそうです。

そしてそのエッセイの中で、どうやら酒井さんが膠原病を患っていることを明かしたのだとか。

ちなみに、膠原病とは全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、つまりは同じような病気をまとめた「概念」なのだそうです。

画像4

どうやら発病の原因は分かっていないようで、体質や環境などいくつかの要因が重なって引きおこると考えられているらしく、難病指定もされているそうですね。

また、どうやら1万人に1人の割合で発症するとされているらしく、特に女性が患うことが多いのだとか。

例えば、関節リウマチ、血管炎、ベーチェット病、強皮症なども膠原病に含まれるのだそうで、症状によっては命にも関わる深刻な病気のようです。

なんでも、エッセイ集に収録されているユースケさんとの対談では、ユースケさんから「ペットボトルも開けられないと言ってる」と症状について聞かれたそうで、酒井さんは「だいぶ良くなった」と話していたとか。

ちなみに、膠原病の怖いところは早期発見が難しいところなのだそうで、初期症状は発熱や咳、下痢や腹痛など、「風邪を引いたかな?」「調子が悪いかな?」というレベルらしく、すぐに気付けない方も多いそうです。

また、原因が分かっていないために治療が困難で、対処療法がステロイド剤や免疫抑制剤を使ったものくらいしかないのだとか。

ただ、酒井さんは報道のされ方に「病気の告白本じゃないのに…」と困惑されているようでした。

しかし、病気の告白について考えてはいたようで、それは「自分と同じ病気の人を励ますため」だったのだとか。

確かに、酒井さんが告白することで一般の方にその病気が認知されるきっかけになるかもしれませんし、それが早期発見に繋がるかもしれません。

画像5

どうやら酒井さんのブログによると、今回のことは大変不本意な告白の形だったようですが、「知名度を上げるお手伝いになれば」というスタンスに切り替えたみたいです。

最近は数値も安定してきてるとのことで、無理のない範囲での女優活動に期待したいですよね。

スポンサーリンク

膠原病の具体的な症状や遺伝との関連とは!?

女優の酒井若菜さんが闘病中であると明かしたことによって、話題になっている膠原病ですが、具体的な症状はどんなものなのでしょう。

なんでも、全身の血管や皮膚、筋肉や関節に見られる病気の症状のようで、見た目では普通と変わらないそうなのですが、じわじわと痛みが長引くのだとか。

特に女性に多く見られる病気のようで、原因不明の発熱から、膠原病が発見されるケースが増えているようです。

ただ、これまでは原因不明の難病として扱われていたそうですが、研究が進むにつれて徐々に原因が解明されるようにもなったらしく、一部の膠原病は遺伝にも関係があるとされているそうです。

これまでは遺伝病ではないとされていたようですが、母親が膠原病だとお子さんが膠原病を発症する可能性もわずかに高いという結果も出ているらしく、もしかしたら体質的な問題があるのかもしれません。

また、やはり完全な治癒は難しいらしく、ステロイド薬などを服用しての生活を余儀なくされるそうで、普通に生活するためには定期的な診察が必要になってくるようですね。

ちなみに、膠原病の主な疾患とされているのはこちらです。

画像6

ただ、たとえ同じ病気であっても、個人によって症状は異なってくるのだとか。

また、初期症状が風邪のときと似ているため、早期発見が難しいのだそうですが、共通してみられる徴候には、冷たい水につけたときや冬の寒い朝に手足が白くなっていたり、しびれがあったりなどするそうです。

その他、目や口の中が渇いたり、握力が低下したりすることもあるそうで、爪の変形などにも注意が必要なのだとか。

もしも怪しいと思ったら、総合内科や膠原病内科、膠原病・リウマチ内科で診てもらうといいのだそうですよ。

そして、やはり膠原病は見つけにくい病気らしく、発見するためには専門的な知識が必要になるみたいですね。

画像7

どうやら、酒井さんも、膠原病には去年発症したものの、19歳のころには何となく別の膠原病の発症はあったそうです。

現在は3つの膠原病を抱えているそうですが、深刻にならずに気楽に構えるようにして仕事に臨んでいるのだとか。

大変なことも多いかと思いますが、酒井さんの告白や病気への向き合い方で、救われる方が増えるといいですよね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・酒井若菜が休業に追い込まれた衝撃の理由がヤバイ!?結婚までいけなかった男性遍歴とは!?

・酒井若菜の現在が悲惨なことになった理由がヤバイ!?劣化して昔との差がヒドイ!?

このページの先頭へ