バカリズムの脚本がつまらないと言われる理由がヤバイ!?絵の驚きの才能とは!?

バカリズムさんはバラエティ番組でMCを務めるなど大活躍していますよね。

バカリズムさんのネタやトークが大人気です。

そんなバカリズムさんなのですが、バカリズムさんの書く脚本がつまらないと言われていて、その理由が話題になっているそうです。

さらに、バカリズムさんの絵の才能にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:バカリズム(ばかりずむ)
本名:升野 英知(ますの ひでとも)
生年月日:1975年11月28日(41歳)
出身地:福岡県
血液型:165cm
血液型:A型
所属:マセキ芸能社

・1995年:バカリズムを結成する。
・2005年:松下敏弘がバカリズムを脱退する。
・2006年:R-1ぐらんぷり決勝に進出する。
・2014年:ドラマ「素敵なTAXI」で脚本を担当する。
・2017年:「笑×演」のMCを務める。

バカリズムの脚本がつまらないと言われる理由がヤバイ!?

バカリズムさんは芸人として様々な活動をしていますよね。

ドラマの脚本を書いたりして脚本家としても活動しています。

そんなバカリズムさんなのですが、バカリズムさんの書く脚本がつまらないと言われていて、その理由が話題になっているそうです。

では、バカリズムさんの脚本がつまらないと言われる理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、バカリズムさんの脚本は内容がよくわからなかったり、不快に感じることが多いのでつまらないと言われているそうです。

バカリズムさんはこれまでに様々なドラマの脚本を担当しているのだとか。

竹野内豊さんが主演のドラマ「素敵なTXI」でもドラマの脚本を担当していて、視聴率が10%を超すなど脚本家としての才能も注目されているのだそうです。

元々芸人としてネタを書いていたバカリズムさんなので、ドラマの脚本を書くというのもそれほど難しいことじゃなかったようですね。

そして、そのようにバカリズムさんが脚本を書くようになったきっかけとしては、かつてバカリズムさんが執筆した「来世不動産」という小説を「世にも奇妙な物語」のスタッフが読んでバカリズムさんに脚本をお願いするようになったのだとか。

なので、バカリズムさんは「世にも奇妙な物語2012秋の特別篇」の「来世不動産」という作品で脚本家デビューしているそうです。

バカリズムさん自身は脚本を書こうと思った理由について、

「ちやほやされたいから」

と答えているのですが、元はドラマのスタッフから直々にオファーがあってのことなのだとか。

さらに、バカリズムさんが脚本を書くことで世間も大騒ぎとなって楽しいだろうということで脚本を書くことを決めたのだそうです。

スポンサーリンク


そんなバカリズムさんの脚本家としての経歴は、2012年に「世にも奇妙な物語2012秋の特別篇」の「来世不動産」を担当したことに始まり、2011年の「ウレロ未確認少女」でも脚本を担当しているのだとか。

さらに、バカリズムさんはその後も2014年に「素敵なTXI」、2015年の「かもしれない女優たち」、2016年の「かもしれない女優たち2016」、「桜坂近場物語」、「黒い十人の女」、2017年の「住住」、「架空OL日記」など脚本を担当しているのだそうです。

ここ2、3年はほぼ毎年ドラマの脚本を担当しているのですが凄い活躍ですよね。

ただのそのように脚本家として活躍しているバカリズムさんなのですが、脚本の内容がよくわからなかったり、話の内容が不快に感じるということで脚本がつまらないとも言われているそうです。

バカリズムさんの書く脚本は設定そのものに無理が合ったり、現実離れをしているのでつまらないとも言われているそうなのですが、バカリズムさんの脚本がつまらないと言われる理由がヤバイですよね。

最近はドラマ離れも進んでいてドラマを見る人も少なくなっているのですが、それは脚本が悪いからとも言われているそうです。

なので、バカリズムさんの書く脚本についても他のドラマと同じようにつまらないと言われてしまうことが多いのかもしれませんね。

ただ、一方で、バカリズムさんの書く脚本はコントのようで面白いという声や独特の世界観やリズムがあって面白いという声も多いそうです。

芸人として活動しながら現在も脚本家として様々なオファーがあるバカリズムさんなので、今後も芸人ならではの視点で脚本を書いて独自のドラマを制作していきそうですね。

スポンサーリンク

バカリズムの絵の驚きの才能とは!?

バカリズムさんはピン芸人として様々なネタを披露していますよね。

バカリズムさんのシュールなネタは若い人に大人気なのですが、そんなバカリズムさんの絵の才能に注目が集まっているそうです。

では、バカリズムさんの絵の才能とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、バカリズムさんはネタで使用する絵などをすべて自分で描いているのだとか。

下の画像がバカリズムさんが描いた絵なのですが、シンプルながらも独特なタッチの見事な絵ですよね。

また、バカリズムさんはバラエティ番組の「IPPONグランプリ」などでもフリップにイラストを描くことが多く、その時に描くイラストも上手いと評判なのだとか。

バカリズムさんの描く絵はシンプルながらも人物の特徴を捉えていますよね。

さらに、そんなバカリズムさんなのですが、インスタグラムで「ドラゴンボールZ」や「バガボンド」などのキャラクターを描いたものも披露しているそうです。

普段バカリズムさんがネタの中で使用する絵とは違ってこちらの方は物凄く上手いですよね。

そんなバカリズムさんの絵の経歴についてなのですが、一番初めにバカリズムさんが絵を披露したのは2005年にピン芸人になってからじゃないかと言われているのだとか。

特に、バカリズムさんは2006年のR-1グランプリの中で「トツギーノ」というネタを披露していて、一気にその絵が注目されたのだそうです。

この中で使用した絵が初めて披露した絵とも言われているのですが、この「トツギーノ」というネタはバカリズムさんの代表的なネタと言われているのだとか。

なので、この絵が大人気となってその他のフリップネタも人気になったのだそうです。

スポンサーリンク


そして、バカリズムさんはこの他にも都道府県の持ち方などのネタの絵も良く知られています。

さらに、バカリズムさんは2012年にRAMRAIDERの「HELLOstarring ORANGE」でイラストPVも作成しているのだとか。

曲に合わせてバカリズムさんが描いたイラストがアニメーションのように動いているのですが、バカリズムさんの絵の驚きの才能ですよね。

このように自身のネタ以外でもバカリズムさんの絵は人気となっているのですが、今後もバカリズムさんの絵は様々な方面で注目されていきそうですね。

ドラマの脚本を何本も担当していてその脚本がつまらないと言われて話題になっているバカリズムさんなのですが、ネタなどで披露する絵も上手だとその才能が注目されていて、今後もそんなバカリズムさんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・バカリズムと相方の解散理由や現在の仕事がヤバイ!?彼女として噂になった驚きのメンバーとは!?

・バカリズムが嫌いと言われる理由が多すぎてヤバイ!?年収の驚きの実態とは!?

このページの先頭へ