尼神インター渚の甲状腺の病気の余命がヤバイ!?彼氏歴の驚きの実態とは!?

様々なバラエティ番組に引っ張りだこの女性お笑いコンビ「尼神インター」の男前キャラで人気の渚さん。

そんな渚さんは、人間ドックで甲状腺に異常があるという診断を受け、その余命について衝撃の事実が話題になっているようです。

また、渚さんの彼氏歴について驚きの事実が明らかになり注目を集めています。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:鹿島 渚(かしま なぎさ)
生年月日:1984年8月6日(32歳)
出身地:兵庫県尼崎市
身長:157cm
血液型:O型
所属:よしもとクリエティブ・エージェンシー

2007年:NSCで同期だった狩野誠子と「尼神インター」結成。
2013年:日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の山-1グランプリ優勝。
2015年:「オールザッツ漫才」で優勝。
2016年:「第37回ABCお笑いグランプリ」で決勝進出。

尼神インター渚の甲状腺の病気の余命がヤバイ!?

関西出身で2017年春に東京進出を果たしてから、その人気が止まらない「尼神インター」のツッコミ担当・渚さんですが、最近、甲状腺に異常が見つかったという情報がありました。

そこで調べてみると、日本テレビ系バラエティ番組「ウチのガヤがすみません」にゲスト出演した萬田久子さんのリクエストで、細かい病巣も見逃さないと言われる最新機器で人間ドッグ体験をしてきたのですが、渚さんの診断は総合判定「E」で甲状腺の機能障害の疑いがあり再検査を勧められる結果となったのです。

ちなみに、甲状腺とは喉ぼとけの下部にあり、脳や心臓を活性化させたり、新陳代謝を上げるホルモンを作っている臓器です。

さらに、医者の資格も持っている芸人・しゅんしゅんクリニックPさんは甲状腺異常の病気について「バセドウ病の疑いがある」と診断し、MCのヒロミさんも「ちゃんと診てもらって薬とかで治療した方がいい」と励ましのメッセージを送っていました。

そして、しゅんしゅんクリニックPさんが疑いがあると言ったバセドウ病とは、比較的女性に多く100人に1人の頻度で見られるメジャーな病気で、新陳代謝が活発になり、そのため常にジョギングしているような状態で、脈拍が速く、汗が多く、暑がりで疲れやすくなり、37.5℃前後の微熱が出たりするそうです。

そんなバセドウ病の疑いをかけられた渚さんは「疲れやすいことがあって、体がだるい」と、体調不良を感じていたことも告白しはじめました。

また、精神的には、落ち着きが無く、いらいら感や不眠になり、食欲が増しても体重が減ってしまう人や、むしろ食べ過ぎて体重が増えてしまう人もいるのだとか。

スポンサーリンク


そして、顔つきや目つきがきつくなったり、眼が出てくる眼球突出はバセドウ病の代表的な症状で、特に喫煙している方に多く見られるのだそうです。

確かに、渚さんは、かなりのヘビースモーカーなので、タバコのせいで症状を悪化させている可能性もあるかもしれませんね。

しかも、それらの診断結果をふまえて渚さんは、

死ぬんやったら関西で死にたい

と、余命の事まで気にしていましたが、バセドウ病の疑いがあるだけで余命などを気にするほどの状態ではないのかもしれません。

番組の企画で最新の人間ドッグを体験した尼神インターの渚さんは、甲状腺の機能障害の疑いで再検査を勧めらる診断結果となり、医師資格のある芸人仲間からもバセドウ病の可能性を指摘されていたので、ぜひ再検査をして必要な治療を受けて欲しいですね。

スポンサーリンク

尼神インター渚の彼氏歴の驚きの実態とは!?

人気女性芸人「尼神インター」のヤンキー感強めのツッコミ担当・渚さんは、恋愛系トークや恋愛番組が大の苦手なのだそうです。

なぜ恋愛番組が苦手なのか調べてみると、渚さんの今までの彼氏歴というのは、大阪時代に付き合っていた元彼の1人だけという経験数の少なさのため、恋愛について語れることがほとんどないということでした。

実は、渚さんは高校卒業後、大工として働き始めるのですが、同じ現場で出会った彼と付き合いはじめ、その彼とは結婚を考えるほどに真剣交際をしていたものの、結婚して嫁と芸人を両立できる自信もなく、渚さんが売れるまで彼を待たせることで彼の時間を無駄にしたくないと思ったため、別れようと決めたのだそうです。


スポンサーリンク


そして、32歳にして彼氏歴が1人とは言え、結婚を考えるほどの真剣交際をしていた渚に、お笑い芸人の有吉弘行さんが3年ほど前のある番組で

「お前、女が好きだろ」

と言ったことで、ネット上での渚さんの検索内容に「渚、ビアン(レズビアン)」という表示が追加されるようになったのだとか。

しかも、去年番組で共演した際に、有吉さんに「私は彼氏がいるし、レズビアンじゃなくて男が好き」と告げると、それ以来、ネットで検索すると渚さんの検索結果に「バイ(バイセクシャル)」という単語も増えてしまい、同性好きな女性芸人というイメージがついてしまったようです。

また、渚さんがTBS系バラエティ番組「有吉ジャポン」に出演したときも、共演した医師の西川史子さんに「最初に(レズだと)思った。(渚に)会ったときに」と言われ、渚さんは「そういうこと言うから、その疑惑が増えてくるんですよ!」と訂正してもなかなか信じてもらえないことに困惑していました。

番組の共演者からはレズビアンとかバイセクシャルと疑惑の目を向けられていたものの、大阪時代には結婚を考えるほど真剣交際をしていた元彼が1人いるという彼氏歴の渚さんですが、番組の企画で人間ドッグを体験した時には甲状腺機能障害の疑いで要再検査となり、バセドウ病の可能性を指摘されてしまったので、ぜひ再検査をして健康管理をしっかりしながら、多くの人を楽しませる女性芸人として活躍することを期待したいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・尼神インター渚のタトゥーやヤンキーの過去がヤバい!?高校卒業後の驚きの経歴とは!?

・尼神インター誠子と妹の隠された秘密がヤバい!?化粧とすっぴんの驚きのギャップとは!?

・尼神インター誠子と彼氏のデートの様子がヤバイ!?嫌いと言われる驚きの理由とは!?

このページの先頭へ