ボビーオロゴンが消えた理由と現在の悲惨な状況がヤバイ!?格闘家としての驚きの経歴とは!?

バラエティー番組に多く出演していて人気だったのがボビーオロゴンさんですよね。

ボビーさんはバラエティー番組で人気になり、CDをリリースしたりもしています。

そんなボビーさんなのですが、消えた理由と現在の悲惨な状況が話題になっているそうです。

さらに、ボビーさんの格闘家としての経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:ボビーオロゴン(ぼびーおろごん)
本名:近田 ボビー(こんだ ぼびー)
生年月日:1973年4月8日(44歳)
出身地:ナイジェリア
身長:183cm
血液型:O型
所属:アレコムプロダクション

・1999年:一般女性と結婚する。
・2001年:「さんまのSUPERからくりTV」に出演する。
・2004年:「ハトマメ 〜Say Hello To The World.〜」をリリースする。
・2007年:日本国籍を取得する。ボブ・サップと対戦する。
・2013年:映画「MOONDREAM」を監督する。

ボビーオロゴンが消えた理由と現在の悲惨な状況がヤバイ!?

ボビーオロゴンさんは様々なバラエティー番組に出演していましたよね。

ボビーさんの独特な日本語やその明るいキャラクターが大人気でした。

そんなボビーさんなのですが、消えた理由と現在の悲惨な状況が話題になっているそうです。

では、ボビーさんが消えた理由と現在の悲惨な状況とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、ボビーさんは事務所とトラブルを起こしたことで干されて消えたと言われているそうです。

ボビーさんは2001年頃からタレントとして活躍して人気となったのですが、2006年に事務所とトラブルを起こしてしまったのだとか。

当時のボビーさんはR&Aプロモーションに所属していたのですが、事務所とトラブルを起こしてしまい、その時に鈴木宗男さんの元私設秘書のジョン・ムルアカさんに暴行して怪我を負わせてしまったのだそうです。

さらに、こうした事務所とのトラブルがあった後、ボビーさんは独立を宣言し、そのことが原因で契約関係で事務所とモメることになってしまったのだとか。

ただ、そのように事務所とモメた後にボビーさんはフェイスネットワークに移籍し、現在はアレムコプロダクションに移籍しているのだそうです。

なので、事務所の移籍は成功したのですが、芸能界は独立すると干されると言われているので、ボビーさんはこうした事務所とのトラブルによって干されてしまった可能性が高いのだとか。


スポンサーリンク


さらに、ボビーさんは事務所とのトラブルを起こした時にムルアカさんにも暴力をふるってしまったことでマイナスのイメージがついてしまって仕事のオファーなどがなくなってしまったと言われているそうです。

なので、こうしたことからボビーさんは仕事がなくなってしまって消えたと言われてしまうようになったそうなのですが、ボビーさんが消えた理由と現在の悲惨な状況がヤバイですよね。

実際にボビーさんは以前に比べるとバラエティー番組などに出演する機会が少なくなってしまっているそうです。

そうしたことから干されて消えたと言われてしまっているのも信ぴょう性がありますよね。

ただ、そんなボビーさんなのですが、現在もタレントとして活動していて投資などに関する番組に多く出演しているのだそうです。

さらに、ボビーさんは音楽活動もしているということで、干されたと言われているものの、実際にはかなり充実した活動をしているのだとか。

ただ、以前に比べると今のボビーさんはバラエティー番組にあまり出演しなくなってので、姿をあまり見かけずに消えたように感じてしまうのかもしれませんね。

スポンサーリンク


ボビーオロゴンの格闘家としての驚きの経歴とは!?

ボビーオロゴンさんはタレントながらもかつて格闘家として活躍していましたよね。

ボビーさんは180cmを超えて筋肉質な立派な体格をしていたことからプロ格闘家として試合を行っていたのですが、そんなボビーさんの格闘家としての経歴について注目が集まっているそうです。

では、ボビーさんの格闘家としての経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、ボビーさんはテレビ番組の企画から格闘技を始めて、様々な格闘家と試合をしていたのだそうです。

ボビーさんは「さんまのSUPERからくりTV」に出演していたのですが、その中で元柔道金メダリストの古賀稔彦さんと試合をしていた時に古賀さんが驚くほどの力を見せたのだとか。

なので、そこからボビーさんは当時、年末に行われていた「K-1 Dynamite!!」に出場することを目指して番組の中で様々な企画を行うようになったのだそうです。

その後、ボビーさんはタレントながらも2004年に格闘技ジムに入門し、そのわずか一か月後に柔術家のホイス・グレイシーとスパーリングマッチをしているのだとか。

このスパーリングマッチでボビーさんはホイスグレイシーに負けてしまったものの、敗戦後に柔道で黒帯を取得して「K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!」に出場してキックボクサーのシリルアビディと対戦しているのだそうです。

この試合はスパーリングやエキシビションじゃなくて本物の試合だったそうなのですが、ボビーさんはこの試合でシリルアビディに判定勝ちを収めているのだとか。

元々、ボビーさんは格闘家の素質が高かったと言われているのですが、タレントながらもプロの格闘家と戦って勝ってしまうというのは凄いですよね。

スポンサーリンク


さらに、そんなボビーさんなのですが、格闘技の特訓を始める前からかなり筋肉量が多くて見事な体つきをしていたのだそうです。

ボビーさんの背筋力は231kgを記録しているそうなのですが、かなりすごい背筋力ですよね。

成人男性の背筋力は120~140kgと言われているので、ボビーさんは平均男性の2倍近い背筋力があったようです。

なので、そうした強いフィジカルがあったからこそ、プロの格闘家にも勝てたと言えそうなのだとか。

ただ、そんなボビーさんの筋トレについて詳しいことは明かされていないそうです。

ボビーさんは黒人ということで元々筋量が多く、さらに腕立てや腹筋、バーベルなどの基本的な筋トレを行ってさらに見事な肉体を作り上げたと言えそうなのだとか。

さらに、この後もボビーさんは2005年に元横綱の曙さんと試合をして勝利しているのだそうです。

そして、ボビーさんは2006年にはK-1ファイターの藤本祐介さん、チェホンマンさんと試合をしているのだとか。

K-1ルールということで藤本さんとチェホンマンさんには負けてしまったものの、この頃にはすでに格闘家としての活動がメインといえるほどの活躍を見せていたのだそうです。

そして、そんなボビーさんは2007年にボブ・サップさんと対戦しているのだとか。

ボビーさんはボブ・サップさんとは体格差があったこともあってか、この試合は1Rで負けてしまっているのですが、このようにボビーさんはタレントながらも様々な格闘家と戦っていたのだそうです。

ボビーさんの格闘家としての経歴を見ると、試合相手は全員プロの格闘家ですべてガチな試合を行っていたのですが、ボビーさんの格闘家としての驚きの経歴ですよね。

ちなみに、ボビーさんの戦績は4試合で2勝2敗となっているのですが、格闘家としての素質は多くのプロが認めるものだったそうです。

ボビーさんはあくまでタレントなので格闘家として4試合戦っただけで、現在はほぼ引退状態となってしまったのですが、今後、もしかすると再びボビーさんが格闘家として戦う姿が見られるかもしれませんね。

事務所とモメてしまい、独立をしたことから干されて消えたと言われて話題になったボビーさんなのですが、格闘家として多くのプロ格闘家と戦ってその経歴も注目されていて、今後もそんなボビーさんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・ボビーオロゴンの嫁の正体と子供など家族の秘密がヤバイ!?投資の実績や年収の驚きの実態とは!?

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ