野性爆弾がつまらないし嫌いなのに人気になる理由がヤバイ!?ブレイクまでの驚きの経歴とは!?

独自のネタや飛びぬけたお笑いセンスで人気なのが野性爆弾ですよね。

野性爆弾はよしもと所属のコンビの中でも人気で、様々な番組に出演しています。

そんな野性爆弾なのですが、つまらないし嫌いと言われているのに人気になる理由が話題になっているそうです。

さらに、野性爆弾のブレイクまでの経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:野性爆弾(やせいばくだん)

メンバー:くっきー(くっきー)
ロッシー(ろっしー)

・1994年:野性爆弾を結成する。
・2006年:「野性爆弾EXHIBITION〜とりあえずこの犬についてきましょか〜」を開催する。
・2009年:「やりすぎコージー」のレギュラーになる。
・2017年:「野性爆弾のザ・ワールド チャネリング」に出演する。

野性爆弾がつまらないし嫌いなのに人気になる理由がヤバイ!?

野性爆弾は吉本所属の芸人の中でも大注目されているコンビですよね。

くっきーさんとロッシーさんのコンビが大人気です。

そんな野性爆弾なのですが、つまらないし嫌いと言われているものの、人気になっている理由が話題になっているそうです。

では、野性爆弾がつまらないし嫌いなのに人気になる理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、野性爆弾はつまらないということなどが言われて嫌いと言われているものの、コンビとしてロケや独自のお笑いのセンスを受け入れることができた人から大人気となっているそうです。

まず、野性爆弾はテレビなどで大活躍しているものの、つまらないということや嫌いということが言われているのだとか。

野性爆弾がつまらない、嫌いと言われる理由として、とにかく意味がわからないボケが多いということや、シュール過ぎるということなどが言われているそうです。

特に、くっきーさんの白塗りメイクをしたものまねや独特のキャラやボケは理解できないことが多くて、何が面白いのかわからない人が多いのだとか。

さらに、キャラそのものが気持ち悪いなどとも言われているそうです。

なので、初めて野性爆弾を見た人は、その面白さが理解できずに嫌いになってしまうと言われているのだとか。

スポンサーリンク


他にも、野性爆弾としてのネタそのものがおもしろくないということや、くっきーさんの態度などが嫌いという人も多いのだとか。

なので、まとめると以下のような理由から野性爆弾は嫌いと言われてしまっているそうです。

・ボケが理解できない

・シュールすぎる

・見た目が嫌い

・ネタが面白くない

・態度が悪い

ただ、そのように言われているものの、野性爆弾は面白いということも言われていて、現在はテレビにも多く出演しているのだとか。

特に、くっきーさんがピンで活躍することが多いのですが、その人気の理由として、くっきーさんのものまねや独特な言葉遣いやネタ、絵なども描ける多彩な才能などが挙げられるのだそうです。


スポンサーリンク


また、野性爆弾はロケが得意ということも知られていて、収録しているにもかかわらずロケの目的地に到着しなかったり、自分たちの番組なのにゲストに進行をまかせたりと自由過ぎる行動なども人気の一因とも言われているのだとか。


スポンサーリンク


また、そのように野性爆弾は自由過ぎる一方で、同じ芸人やタレント、俳優に対しては礼儀正しくて、そのギャップなども人気の秘密とも言われているのだとか。

なので、まとめると以下のような理由で人気なのだそうです。

・クッキーの多彩なところ

・独特なセンスや言語感覚

・ロケが面白い

・礼儀正しい

そして、そんな野性爆弾が誰に人気なのかというと、主にお笑いマニアや子供から人気と言われているそうなのですが、野性爆弾のお笑いは初見の人にはわからないと言われることが多いものの、目の肥えたお笑い好きやマニアにはかなり斬新に映って人気なのだとか。

さらに、くっきーさんは得意のギャグなどが子供からも人気となっていることを明かしていて、子供人気も高いのだそうです。

なので、嫌いと言われることがあるものの、現在は大人気のお笑いコンビとなっている野性爆弾なのですが、野性爆弾がつまらないし嫌いと言われながら人気になる理由がヤバイですよね。

野生爆弾は現在は日本で活躍しているのですが、いつか外国にも行ってみたいとも語っていて、くっきーさんの個展が海外でも大人気になっているので、今後、外国でも野性爆弾のシュールなネタなどが人気になることがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク


野生爆弾のブレイクまでの驚きの経歴とは!?

お笑いコンビはブレイクするまでかなり時間がかかる場合が多いですよね。

なので、10年以上かかってようやくブレイクするというコンビも多いのですが、野性爆弾のブレイクまでの経歴について注目が集まっているそうです。

では、野性爆弾のブレイクまでの経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、野性爆弾は90年代にデビューしたものの、まったく売れずに2000代後半になってようやくブレイクしたのだそうです。

まず、野性爆弾の経歴についてなのですが、野性爆弾の二人は子供の頃からの幼馴染で、結成がいつかというと1994年なのだとか。

コンビ結成の理由やきっかけははっきりとしないのですが、くっきーさんとロッシーさんは性格は違うものの、子供の頃から一緒なので感覚が一緒だったことなども影響しているのかもしれませんね。

そして、野性爆弾は大阪NSCに入学してお笑いを学び、baseよしもとで活躍した後にうめだ花月で活躍するようになったのだそうです。

当時はテレビなどにもほとんど出られなかったそうなのですが、90年代後半に「オールザッツ漫才」に出演し、そこでネタが認められてライブなどが一気に人気になったのだとか。

そして、2000年代に入ってから徐々にテレビに出演するようになって、2006年に冠番組「野爆うめだFandango!」を持つようになったのだそうです。

さらに、2008年からは東京に活動の場を移して、2009年に「やりすぎコージー」のレギュラーとなって、そこから地上波のテレビ番組にも多く出演するようになったのだとか。

なので、野性爆弾のブレイクがいつかというと2008年で、そのきっかけは「やりすぎコージー」に出演したことと言えそうです。

スポンサーリンク


そして、徐々に人気になってきた野性爆弾は多くのテレビ番組に出演するようになって、これまでに「アメトーーク!」や「YOUたち!」、「くちコミジョニー」、「リンカーン」など様々な番組に出演しているのだとか。

さらに、NHK Eテレの「天才てれびくんYOU」にも出演するなどしているそうです。

現在、野性爆弾は芸歴24年になるのですが、物凄い大ブレイクをしていますよね。

ちなみに、そんな野性爆弾なのですが、かつては売れなさ過ぎて解散を考えたこともあったのだとか。

しかし、解散危機を迎えた時にロッシーさんが「もう少し続けよう」ということをくっきーさんに言って、何とか解散を踏みとどまったのだそうです。

現在はコンビとしてブレイクし、未だに仲良しコンビとしても知られているのですが、野性爆弾のブレイクまでの驚きの経歴ですよね。

スポンサーリンク


また、こうした野性爆弾の経歴を見るとその年収の変化なども気になるのですが、かつては月収が数万円だったものの、ブレイク後の現在はくっきーさんは最高月収350万円とも明かしているそうです。

なので、そこから予想して年収は軽く一千万円を超えていると言えそうなのですが、ものすごい収入の変化ですよね。

ただ、くっきーさんの年収はすごいものの、相方のロッシーさんは月収が35万円ということも明かしていて、コンビで格差があるようです。

これはくっきーさんがピンで活躍することからそうした格差が出てきてしまっているようなのですが、今後もそうしたコンビ格差は広がりそうとも言われているのだとか。

しかし、くっきーさんとロッシーさんが二人で揃って活動する姿が見たいというファンも多いとのことで、今後は今まで以上にコンビで活躍する姿を期待したいですね。

独特のネタなどがつまらないし、嫌いと言われているものの独自なネタやセンスなどが人気で、その理由が話題になった野性爆弾なのですが、ブレイクまでの経歴も注目されていて、今後もそんな野性爆弾に注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・野性爆弾くっきー(川島)の嫁画像と昔の経歴や性格がヤバイ!?相方ロッシーの嫁など私生活もヤバイ!?

こんな記事も読まれています!!

このページの先頭へ