武藤敬司の現在の年収や車椅子生活の膝の状態がヤバイ!?必殺技やポーズの意味に隠された驚きの秘密とは!?

華麗なプロレススタイルで人気なのが武藤敬司さんですよね。

武藤さんは覆面レスラーとしても活躍するなどしていました。

そんな武藤さんなのですが、現在の年収や車椅子生活を送る膝の状態が話題になっているそうです。

さらに、武藤さんの必殺技やポーズの意味に隠された秘密にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:武藤 敬司(むとう けいじ)
本名:武藤 敬司(むとう けいじ)
生年月日:1962年12月23日(56歳)
出身地:山梨県
身長:188cm
血液型:B型
所属:WRESTLE-1

・1984年:プロレスラーとしてデビューする。
・1986年:フロリダヘビー級を獲得する。
・1995年:IWGPヘビー級王座を獲得する。
・2001年:三冠ヘビー級王座を獲得する。
・2008年:プロレス大賞最優秀選手賞を受賞する。
・2013年:GENスポーツエンターテインメントの代表取締役社長に就任する。

武藤敬司の現在の年収や車椅子生活の膝の状態がヤバイ!?

武藤敬司さんは新日本プロレスの闘魂三銃士と言われて活躍していましたよね。

武藤さんはプロレスラーとして30年以上も第一線で活躍してきました。

そんな武藤さんなのですが、現在の年収や車椅子生活を送る膝の状態が話題になっているそうです。

では、武藤さんの現在の年収や車椅子生活を送る膝の状態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、武藤さんは膝の状態がかなり悪くなっていて、車椅子生活をしているとも言われているそうです。

武藤さんはプロレスラーとしてコーナーから飛ぶムーンサルトプレスが得意技ですよね。

ムーンサルトプレスは武藤さんの必殺技となっているのですが、そんな武藤さんはムーンサルトプレスをやりすぎてしまったことから膝を故障してしまったのだそうです。

というのも、ムーンサルトプレスはコーナーからバク転をするようにして地面に体ごと着地するので毎回膝を強打するのだとか。

なので、長年、ムーンサルトプレスを繰り出している武藤さんはかなり膝を痛めてしまっていて、一人で歩くことが難しいと言われているそうです。

スポンサーリンク


現在は足をまっすぐに延ばすことも難しいと言われているそうなのですが、かなり膝の状態は悪いのだとか。

そうしたことから武藤さんは膝に痛みがあって300メートル以上歩くことができないとも言われているそうです。

ちなみに、武藤さんは24歳の時に手術を行い、そこからずっと膝の状態が悪く、さらに膝をかばうために腰も痛めてしまったのだそうです。

これまでに4回も膝の手術を行ったそうなのですが、それだけ負担の大きな技なのだとか。

そんな武藤さんの膝の画像についてなのですが、下半身だけまるで老人のように細いとも言われているそうです。

たくましい上半身とは対照的に膝から下はかなり細くなってしまっているようなのですが、それだけ武藤さんの膝は限界を迎えているようですね。

スポンサーリンク


そして、そのように膝が悪い武藤さんは車椅子に乗ることもあるのだとか。

まったく歩けないということじゃないものの、膝に負担をかけないように車椅子の乗るということで、そんな武藤さんの姿に驚いてしまう人も多いのだそうです。

また、そんな武藤さんなのですが、現在の年収は1000万円を超えているとも言われているそうです。

現在の武藤さんはプロレスのギャラやグッズの売り上げなどから1000万円近い年収があると言われているのですが、これはあくまで推測になるのだとか。

現在はプロレスの人気も以前に比べると下火になってしまったので、以前に比べるとギャラも少なくなってしまったと言えそうなのですが、プロレスラーとして活躍しながらGENスポーツエンターテイメントの代表取締役としても活動しているので、今も忙しく活動しているようです。

なので、それだけの年収があっても当然と言えるのですが、武藤さんの現在の年収や車椅子生活を送る膝の状態がヤバイですよね。

ただ、武藤さんはまだまだ現役を続けるということで、今後もそんな武藤さんの活躍に注目していきたいですね。

スポンサーリンク


武藤敬司の必殺技やポーズの意味に隠された驚きの秘密とは!?

プロレスラーは得意技やポーズなども人気ですよね。

武藤敬司さんも独自の技を披露しているのですが、そんな武藤さんの必殺技やポーズの意味に隠された秘密に注目が集まっているそうです。

では、武藤さんの必殺技やポーズの意味に隠された秘密とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、武藤さんには多くの必殺技があり、さらに「プロレスLOVEポーズ」と呼ばれるものが人気なのだそうです。

武藤さんはプロレスラーとして独自の美学があると言われていて、派手な技を使うことが多いのだとか。

そして、武藤さんの必殺技は何種類もあって、相手の頭に膝蹴りを叩きこむ「シャイニングウイザード」、トップロープからバク転をしながら相手にボディプレスを行う「ムーンサルトプレス」、相手の足を抱えて回転しながら倒れ込む「ドラゴンスクリュー」、相手の頭を足にはさんで体を反らせて頭から倒れ込ませる「フランケンシュタイナー」などがあるそうです。

・武藤敬司のシャイニングウィザードを見るならコチラ!

・武藤敬司のムーンサルトプレスを見るならコチラ!

・武藤敬司のドラゴンスクリューを見るならコチラ!(一瞬ですw)

・武藤敬司のフランケンシュタイナーを見るならコチラ!(髪があることにむしろビックリw)

どれもプロレス技として見た目が派手で大きく盛り上がる技ばかりなのですが、どれも武藤さんの代名詞と言える必殺技ですよね。

スポンサーリンク

武藤敬司の「プロレスLOVEポーズ」に隠された驚きの秘密とは!?

また、そんな武藤さんは試合に登場する時には「プロレスLOVEポーズ」と言われる独特なポーズをしていることも知られています。

この「プロレスLOVEポーズ」は指できつねの形を作って、それを「イヤァ―」というかけ声と共に唇に当ててそのまま手を持ち上げるというものなのだそうです。

ちなみに、「プロレスLOVEポーズ」の起源は、かつてnWoというユニットに加入していた時に仲間内で手を狐の形にして合わせるポーズがあり、そこから武藤さんが独自の「LOVEポーズ」を作り出したのだとか。

また、この「プロレスLOVEポーズ」はプロレスから総合格闘技に人気が移っていった時にプロレス愛を表現するために作り出したとも言われているそうです。

なので、武藤さんの「プロレスLOVEポーズ」は名前の通り、プロレスへの愛を表したものと言えそうなのですが、武藤さんの必殺技やポーズの意味に隠された驚きの秘密ですよね。

この「プロレスLOVEポーズ」の意味についてはあまり知られていないのですが、ものまねをされて一般的にも知名度が大きいので、今度は「プロレスLOVEポーズ」の正しい意味や由来も広く浸透していきそうです。

足を故障し車椅子で生活しているとも言われて話題になった武藤さんなのですが、数多くの必殺技や「プロレスLOVEポーズ」と言われるポーズが注目されていて、今後もそんな武藤さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・武藤敬司の若い頃の髪やハゲた理由と昔の天才的活躍がヤバイ!?

・武藤敬司と娘(武藤愛莉)や嫁(芦田久恵)の現在の生活がヤバイ!?

・グレートムタの毒霧成分が凶悪でヤバイ!?正体や歴代メンバーとマスクの違いもヤバイ!?

・毒霧とは?成分ややり方の仕組みと吹き方!液体の作り方や仕込みの注意点も

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ