中井貴一が父の死に感じた因縁がヤバイ!?小泉今日子とのアドリブがスゴ過ぎる!?

画像150代以上の年齢でスマートな俳優さんは多くいるのですが、その中でも清潔感があって多くの人から人気を得ているのが中井貴一さんですよね。

俳優としての実力は超一流とも言われているのですが、実は父親である佐田啓二さんの死に大きな因縁を感じていたそうです。

さらに、最近では小泉今日子さんと共演したドラマでのアドリブが凄いと話題になっていますよね。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:中井 貴一(なかい きいち)
本名:中井 貴一(なかい きいち)
生年月日:1961年9月18日(54歳)
出生地: 東京都
身長:181 cm
血液型:A型
所属:オフィス貴貴

1981年:「映画「連合艦隊」で俳優デビュー。
1983年:「ふぞろいの林檎たち」でドラマ初主演。
1988年:NHK大河ドラマ「武田信玄」で武田信玄を演じる。
2000年:一般女性と結婚。
2012年:「「最後から二番目の恋」出演。鎌倉市国際観光親善大使に就任。

中井貴一が父の死に感じた因縁がヤバイ!?

中井貴一さんの父親は俳優の佐田啓二さんで、1940年代から1960年代まで活躍していました。

画像2

写真を見ると、中井さんと同じく現代でも通じるイケメンですよね。

生前は小津安二郎監督の映画など巨匠と呼ばれる監督の作品に多く出演をしていて、まさに二枚目の王道を行く俳優さんでした。

中井貴一さんの父親である佐田啓二さんのことを知らないという人も多いのですが、画面に映る佐田さんは中井さんに雰囲気が似ていて、さすが親子という印象を強く受けるのだとか。

なので、中井さんは2世芸能人ということになるのですが、親子揃って俳優さんとして大成功を収めるのはさすがですよね。

しかし、そんな中井さんなのですが、実は父親である佐田さんの死に大きな因縁を感じていたのだとか。

幼い頃に佐田さんが亡くなってしまったので、その死について大きな衝撃を受けたというのはわかる気がするのですが、どういうことなのでしょうか。

実は、佐田さんは中井さんが3歳の時に交通事故で亡くなっているのですが、中井さんはその17回忌の時に俳優としてスカウトされているそうです。

当時は大学生であったために、俳優になるかどうかを迷っていたそうなのですが、父親の17回忌に父親と同じ職業にスカウトをされたということで俳優業をやることを決めたそうですね。

なので、父親の佐田さんの死にはかなり深い因縁を感じたのだとか。

確かに、自分の父親の17回忌に父親と同じ職業をやらないかとスカウトされるというのは滅多にあることではありませんよね。

なので、当時の出来事についてはかなり大きな因縁を感じているそうで、大きな転換期となったようです。

さらに、中井さんが芸能界にデビューをして初出演をする映画「連合艦隊」のオファーが来た時には、父親が憑依したようにすぐにそのオファーを快諾したそうです。

これは中井さん本人がそのように語っているのですが、不思議な感じがしますよね。

そして、プライベートでも中井さんは父親の佐田さんとの因縁を深く感じることがあったそうです。

画像3

それは中井さんの結婚の事なのですが、中井さんは38歳で結婚をしています。

この38歳という年齢は、ちょうど父親の佐田さんが亡くなったのと同じ年齢で深い意味があるのだとか。

中井さんがこの年齢で結婚をしようと決心をしたのには深い訳があるそうで、38歳になり父親が亡くなった年齢を超えるということもあって、これまでの自分との決別をかねて結婚したのだとか。

17回忌の時の俳優デビューといい、中井さんの人生の節目には常に父親の佐田さんが関係してくるようですね。

まさに因縁と言えるのですが、こうしたところが親子である所以なのかもしれません。

まだまだこうしたエピソードは多くありそうなのですが今後、まだ明かされていない佐田さんとの因縁の深い話が聴けるかもしれませんね。

スポンサーリンク

中井貴一と小泉今日子のアドリブがスゴ過ぎる!?

中井貴一さんは、これまでに数多くのドラマ・映画に出演してきているのですが、最近では小泉今日子さんと出演した「最後から二番目の恋」が話題になりましたよね。

画像4

二人は以前「まだ恋は始まらない」というドラマで共演をしていて、今回の共演が16年ぶりの共演となったそうです。

ドラマは鎌倉が舞台で小泉さん演じるテレビドラマプロデューサーの女性と、中井さん演じる50代の独身男性との恋を描いたものなのですが、その中での二人の演技に大きな注目が集まったそうです。

中居さんと小泉さんは16年ぶりの共演ということで注目が集まるのはわかるのですが、どのような演技に注目が集まったのでしょうか。

このドラマではしっかりとした脚本が用意されていて、それに沿ってドラマは展開していたのですが、本番になると台本にはないアドリブが多く盛り込まれていたのだとか。

二人共演技が上手なので、ドラマを見ている視聴者はどこまでが台本でどこまでがアドリブであったのかはわからないのですが、撮影時にカットの声がかかるまでアドリブ合戦をすることがほとんでスゴいと話題になっていたそうです。

確かに、中井さんと小泉さんが小言を繰り返して口喧嘩をするシーンは多くあったのですが、あれがアドリブだとするとすごい演技力ですよね。

なので、そうした効果もあってか「最後から二番目の恋」は続編も製作されるなど大ヒットをしました。

画像5

近年、中井さんが出演した作品の中では一番のヒット作となったのですが、緻密な台本とそれを元に演技上手な中井さんと小泉さんがアドリブ合戦を行ったということで、脚本で描かれた以上の世界観を作ることに成功したようです。

なので、ドラマの大ヒットも納得なのですが、すでに父親の佐田啓二さんを超えたとも言われる演技を見せる中井さんなので、これからのドラマ・映画での出演も楽しみですよね。

もしかすると父親の佐田さんもアドリブが得意だったのかもしれないのですが、こうして見ると演技の才能は完全に遺伝していますよね。

そして、他の作品でも中井さんと小泉さんのアドリブ合戦を見てみたいものです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・中井貴一のカツラ疑惑の真相がヤバイ!?時任三郎や柳沢慎吾との危ない関係とは!?

・中井貴一の嫁の画像がヤバイ!?姉に猛反対されて結婚しなかった相手とは!?

・小泉今日子がセーラームーンになった理由がヤバイ!?事務所社長就任に隠された意図とは!?

・小泉今日子のすっぴん画像がヤバイ!?タバコの銘柄がシブすぎる!?

このページの先頭へ